基本的なワインのコルク抜きの使い方

いろんなワインオープナーがありますが、ここではソムリエナイフを使う、スマートなコルクの抜き方を紹介します。

手順1. フィルムに切り込みを入れて剥がす

ソムリエナイフの小刃を出して、利き手でしっかり握ります。ボトル上部に親指をかけながら、奥から手前に引くように、半周ずつ瓶口のまわりのフィルムをカット。切り口から垂直に切り込みを入れ、そこからフィルムを剥がします。

手順2. コルクにスクリューを垂直に差し込む

ソムリエナイフの小刃を収納し、スクリューを取り出します。スクリューの先端をコルクの中央に当てたら、垂直を意識しながら力を入れて、押し込むように時計回りに回転。スクリューの先が、コルクの下から出る寸前で止めるのがポイントです。

手順3. フックをボトルに引っかけてコルクを抜く

ソムリエナイフのフックを、ボトルの口縁にかけます。フックとボトルの口を片手でしっかり握り、利き手でオープナーの片方を持ち上げるように、上に引くのがコツ。ある程度コルクが出てきたら、あとは手で持って静かに抜き取ります。

ワインのコルク抜きを使用するポイント

ワインのコルクを抜く前に、押さえておくべきポイントをチェックしましょう。コルクの状態によっては、折れたり割れたりする場合があるので、そんなときの対処法もあわせて紹介します。

ワインの年代や瓶のサイズに合ったコルク抜きを選ぶ

年代物のヴィンテージワインは、コルクが乾燥して硬くなっていることや、瓶にコルクがこびりついていることがあります。そんな場合は、はさみ式を使用するのが無難です。

また瓶のサイズが大きいワインは、セルフ・プリング式やウイング式ではサイズが合わないことも。コルクの状態やボトルサイズをよく確認したうえで、最適なオープナーを選ぶようにしてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ