人気のアイテム「メイソンジャー」おすすめの商品や活用アイデアも

人気が高まる「メイソンジャー」。サラダをはじめ、さまざまなシーンで活躍してくれるんです。今回は、ジャーサラダの作り方や食中毒防止のためのポイント、そのほか活用法アイデアをご紹介します。あなたもメイソンジャーライフを楽しんでみませんか?

便利な保存容器「メイソンジャー」

皆さんもご存知の「メイソンジャー」。日本で人気が出たのは2015年頃からですが、アメリカでは50年ほど前から、一般家庭で保存容器として使用されているんですよ。2014年にニューヨークなどでメイソンジャーに野菜を入れたサラダが大流行し、注目されました。

最近では蓋にストローがついているドリンク用の商品や、インテリアなど、さまざまな場面で活躍しています。

メイソンジャーサラダを作ろう♪

おしゃれなニューヨーカ達に人気なのがこの「メイソンジャー・サラダ」。作り方はいたって簡単です。順番に野菜を瓶につめるだけ!

メイソンジャーにぎゅぎゅっと野菜をつめれば、きれいな野菜の層ができます。見た目がおしゃれなので、気分も上がりますね♪ 最近野菜が足りてないな……と感じている人にもおすすめしたいサラダですよ!

「ジャーサラダ」の作り方

お好みの野菜を買ってきたら、水切りを十分にして、できるだけ隙間ができないようにジャーの中に好きな野菜を入れ、蓋をして冷蔵庫に入れておくだけ!ここで注意したいのがジャーに入れる順番なんです。

1. ドレッシングを入れる

メイソンジャー・サラダを作る上で、まず大切なのは、底にドレッシングを入れること!底に入れることで、サラダがドレッシングを吸収しすぎてしまうことを防ぎます。野菜のシャキシャキ感も持続できるので実践してみてくださいね。

2. 固めの野菜を先に入れる

次に、キュウリ、スナップエンドウ、ひよこ豆やミックスビーンズなどの豆類、ニンジン、ナッツなどを入れてくださいね。いくつかの固めの食材を入れることで、野菜がドレッシングの水分を吸収しすぎてしまうことを防ぎます!

3. トマトやアボガドは真ん中に

トマト、アボガドなどやわらかめの野菜は真ん中に入れましょう。このタイミングでお肉や魚類の具材も一緒に入れてくださいね。カリカリに焼いたベーコンや、サラダチキンなどがおすすめです!

4. 最後は葉物をつめる

最後に一番味の染み込みやすい葉物野菜を詰め込みます。なるべく、色鮮やかな野菜を使ってサラダを重ねるときれいな層になりますよ。また、具材同士の隙間をなくすことで、崩れず上手に仕上がります♪

5. ふたをして完成!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう