ローディング中

Loading...

サラダって日持ちはしないし持ち運べないイメージがありますよね?「メイソンジャー・サラダ」はその常識を覆します。簡単でおしゃれな作り置きサラダ。ただし、食中毒のリスクもありますので、おいしく食べるための作り方や注意点をまとめました。

メイソンジャーサラダとは?

おしゃれなニューヨーカ達に人気なのがこの「メイソンジャー・サラダ」。作り方はいたって簡単。順番に野菜を瓶につめるだけなんです。

メイソンジャーにぎゅぎゅっと野菜をつめれば、きれいな野菜の層ができます。見た目がおしゃれなので、気分も上がりますね。最近野菜が足りてないな……と感じている人にもおすすめしたいサラダです。

なんと、約5日間冷蔵庫で保存可能

約5日間冷蔵庫で保存可能なうえに、野菜のシャキシャキ感は持続するらしい。日曜日の夜に一週間分、ランチ用のサラダを作るキャリアウーマンが多いんだとか。

作り方〜順番通りにつめていくだけ〜

サラダ用の野菜を買ってきたら、水切りを十分にして出来るだけ隙間ができないようにジャーの中に好きな野菜を入れてフタして冷蔵庫に入れておくだけ!ちょっと注意したいのは入れる順番です。

①まずはドレッシングを入れる

メイソンジャー・サラダのポイントは、底にサラダドレッシングを入れることで、サラダ全体が水浸しになるのを防ぐことができます。

②固めの野菜を先に入れる

次に、ドレッシングを吸収しないようにいくつかの固めの野菜を追加して入れます。おすすめはキュウリ、スナップエンドウ、ひよこ豆やミックスビーンズなどのお豆、ニンジン、ナッツ類などです。

③トマトやアボガドは真ん中に

トマト、アボガドなどやわらかめの固形野菜はこのタイミングで入れましょう。たくさんの野菜を使ってサラダを重ねた方が健康的なサラダができます。より綺麗なサラダに仕上げるには、なるべく隙間をなくすことです。具材同士の隙間をなくすことで、崩れずに綺麗に仕上がります。

④最後は葉物をつめる

最後は、食べやすく切った葉物をつめて隙間をなくします。上にチーズを加えてもおいしいですよ♩

⑤ふたをして完成!

オフィスで食べてもかなりおしゃれ!コンビニなどでサラダを買うより、たっぷり野菜が摂れて節約にもなりますね。持ち運びにも便利で、日々の野菜不足を解消できそうです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

食べ放題も個室もランチにだって!新宿で人気の焼き肉店15選

有名店の焼き肉屋が集まる街、新宿。今回その中でもおすすめ店を厳選してご紹介します!デートにぴったりな個室のあるお店やお腹いっぱい楽しめる安いお店まで、シーン別に選べるお店を豊富に揃えました。ディナーはもちろん…

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

【とっても美味しい】岐阜の郷土料理「鶏ちゃん焼き」のすすめ

岐阜の郷土料理である鶏ちゃん焼きをご存知ですか。 今、ひそかにブームとなっている「鶏ちゃん焼き」の魅力についてまとめてみました。 鶏肉とキャベツ、玉ねぎや人参を味噌で炒めた家庭料理。 ぜひ鶏ちゃん焼きを知って…

【花子とアン】赤毛のアンのレシピ大特集

赤毛のアンには作中に様々な料理が登場します。 登場人物たちが美味しそうに食べる様子に自分も食べられたら!と思った方必見! 赤毛のアンレシピをまとめました。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

簡単「キッシュトースト(パンキッシュ)」を作ろう!厚切りパンで朝からごちそう!

「キッシュトースト」という料理が、最近話題になっていることを知っていますか?これはパイ生地の代わりに食パンを使って作るキッシュなのですが、かなり簡単にできるようです。アレンジもいろいろできるので、朝からごちそ…

京都「回廊」昔ながらの落ち着く素敵な喫茶店!

京都、阪急河原町駅から徒歩5分程のところに赤い大きな珈琲ミルが見えてきます。そのお店が「回廊」です。今は少なくなってしまった昔ながらの落ち着く喫茶店です。カフェという言葉よりも喫茶店という言葉がピッタリの癒し…

ついに北陸初出店!「リンツショコラカフェ」が金沢にオープン

世界120カ国以上で愛されているプレミアムチョコレートブランド、リンツが北陸初出店となる金沢百番街Rinto店をオープンします。北陸新幹線で日本各地、世界からも観光客が訪れる金沢に一層注目が集まっています。

ページTOPに戻る