太刀魚の旬の時期っていつ?おいしく食べられるおすすめレシピ5選

その名の通り、刀のように銀色の皮と、スマートな見た目が魅力的な太刀魚。今回はそんな太刀魚の旬や産地、おすすめレシピを調べてみました。おいしい太刀魚の見極め方もご紹介しちゃいますよ。今夜の食卓に、太刀魚のメニューはいかがですか?

2018年11月27日 更新

太刀魚ってどんな魚?

産地

太刀魚は、基本的に日本全国で獲ることができるお魚として知られています。温暖な海域を好む傾向にあるため、中国地方や瀬戸内海など、南日本や西日本近辺で獲れることが多いのだそう。また、九州地方でも漁が盛んです。

大抵のお魚は、産卵期前後の肉厚さや脂のノリで旬が決まりますが、太刀魚は1年を通して脂ののり方がほぼ変わりません。しいて言えば、6月~10月の産卵期には群れで浅瀬に来ることが多いので、夏から秋にかけてが旬と言えるでしょう

太刀魚の鮮度の見分け方

銀皮と切り口の色が鮮やかなもの

まず見た目としては、太刀魚の最大の魅力といっても過言ではない、銀色がキラキラと美しく輝いている個体を選ぶのがベター。また切り口の部分は、なるべく透明かつピンクがかっている、鮮やかなものを選ぶのがよいでしょう。

サイズと感触

サイズは、大きすぎても小さすぎてもいけません。目安としては、大体1m前後のものがベストと言われています。触ってもOKな場合は、感触も確かめましょう。触ったときに、硬くハリがあるものを選ぶのをおすすめします。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS