ライター : エマ

“食”を通じて、いろんな人と関わりたい。ライターとして、食の理解者として、日々いろんなことを勉強中。

キウイフルーツとは?

品種はヘイワードが一般的

キウイフルーツは中国原産の果物ですが、ニュージーランドで盛んに品種改良がおこなわれ、現在のキウイフルーツの原種が生まれたとされています。 いろいろな品種が流通していますが、スーパーなどで一般的に見かけるものは果肉が緑色のグリーンキウイです。そしてグリーンキウイのほとんどが、「ヘイワード」という品種だといわれています!

見た目や味などの特徴

キウイフルーツの旬は、国産のものだと12月から4月、輸入ものだと4月から12月になるので、一年中楽しむことができる果物です。スーパーや果物屋さんには、季節を問わず並んでいますよね! ヘイワード種を代表とするグリーンキウイは表面に産毛があり、肌ざわりがざらざらとしています。甘みと酸味のバランスが絶妙で、キウイらしいさわやかな風味が特徴的です! 一方で、果肉が黄色っぽいゴールドキウイは表面がすべすべしており、グリーンキウイより甘みが強く、酸味が少ないのが特徴。酸っぱいのが苦手な方に人気があります♪ ほかにも、果肉の一部に赤みがあるレッドキウイというものもあり、まだあまり流通していないためめずらしい品種です。

ビタミンや食物繊維など栄養成分豊富!

キウイフルーツは、ビタミンや食物繊維などを豊富に含んだ果物です。特にビタミンCはたくさん含まれていて、100gあたりの含有率はグリーンキウイが69mg、ゴールドキウイが120mgと、ほかの果物の中ではトップクラスの多さになります。 食物繊維もグリーンキウイが2.5g、ゴールドキウイが1.4gとたくさん含まれていて、特にグリーンキウイは、バナナの同g中の食物繊維の2倍以上もあります。腸内環境の改善にも期待できますね。

おいしいキウイフルーツの選び方&保存方法

選び方

キウイを購入する時は、当然ですが傷などがないきれいなものを選びます。さわることができるようなら、部分的につぶれていたり、やわらかくなったりしていないものを選んでください。やわらかいと、べちゃっとしていて腐りかけていることがあるのでNGですが、固い分には購入後に追熟させれば問題ないです! また、表面にシワのないもの、産毛がきれいに生えそろっているものなどが新鮮でおすすめ♪ 形がいびつなもの、黒ずんでいるものは、古かったり味が抜けていたりする場合があるので、避けた方がよいでしょう。

特集

FEATURE CONTENTS