カットしていないキャベツの保存方法

冷蔵保存の場合

カットしていないキャベツを長持ちさせるには、芯を取り除くことがポイントです。先ほどご紹介した方法で芯をくり抜き、濡らして固くしぼったキッチンペーパーやティッシュを丸めて入れることで乾燥を防ぎます。さらに乾燥を防ぐためにキャベツを新聞紙にくるんでビニール袋に入れ、芯の部分が下になるようにして冷蔵庫に入れて保存します。この保存方法で、だいたい2から3週間ほど日持ちします。

冷凍保存の場合

キャベツを冷凍保存する場合は、基本的にカットすることをおすすめします。キャベツをなるべくそのままで冷凍したいときは、葉を1枚ずつ保存しましょう。キャベツの葉を1枚ずつていねいに切り取り、熱湯にサッとくぐらせてしんなりさせます。キャベツの水分を拭き取り冷凍できる保存袋に入れて冷凍庫で保存してください。この保存方法で、だいたい3週間から1ヶ月ほど日持ちさせることが可能です。

カットしたキャベツの保存方法

冷蔵保存の場合

カットしたキャベツは断面から水分が抜けてしまうので、カットしていないものよりも痛みやすいです。カットしている場合は、キャベツにラップを密着させるようにしっかりと包んで冷蔵庫で保存しましょう。隙間があいていると、そこから水分が抜けて乾燥するので気をつけてくださいね。この保存方法でだいたい4から5日ほど日持ちしますが、時間が経つほど色も風味も悪くなるので早めに使うことをおすすめします!

冷凍保存の場合

キャベツは使いやすいように千切りやざく切りにしておきます。カットしたキャベツを水に数分さらし、水分を含ませたあとザルにあげてキッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取ります。そのまま冷凍できる保存袋に入れて冷凍庫に入れればOKです。この保存方法で、だいたい1ヶ月ほど日持ちします。冷凍したキャベツは、必要なときに冷蔵庫に移して解凍しておけばいつでも使うことができます。

おいしく調理♪ ざく切りキャベツのアレンジレシピ5選

1. キャベツと豚肉のソース焼きそば

ざく切りキャベツのシャキシャキとした食感がアクセントになったソース焼きそばのレシピです。なすやキャベツの甘みとジューシーな豚肉が濃いめのソースと相性抜群♪ 野菜がたくさん入っておりボリューム満点なので食べ盛りのお子さまにもぴったり。手間もかからずすぐ作ることができます。忙しい日のランチやお弁当のおかずにもおすすめのひと品です。

2. キャベツとツナのやみつきサラダ

たくさんのキャベツを消費したい……というときにぜひ作っていただきたいのがツナとキャベツのやみつきサラダです!ごま油の香りとツナの塩気がキャベツによく合います。また、昆布茶の粉末を入れることで味に深みを出しているのもポイントです。あとひと品欲しいときや、お酒のおつまみにもおすすめのレシピです♪

編集部のおすすめ