ライター : dressing

dressing(ドレッシング)は、食に深い知識と経験を持つ“食の賢人”たちが、ただ“おいしい”の枠を超えた最高の食生活を提案。食のセンスが磨けるグルメメディアです。

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。
こんにちは。管理栄養士の五十嵐ゆかりです。 健康志向の方には、今やお馴染みとなったグルテンフリー。グルテンフリーとは、小麦や大麦、ライ麦などに含まれているたんぱく質の成分を食事から除くこと。減量や美肌、だるさの改善などが期待される食事法のひとつと言われています。 焼き菓子には小麦粉が使われるのが一般的ですが、グルテンフリーの場合、代わりに米粉が使われることが多いです。今回は、タルト型がなくてもできるお菓子として、とっても手軽な「型なしタルト」の作り方をご紹介しましょう。 次の“3つのポイント”を守れば、失敗なくグルテンフリーのタルト生地を作ることができます!

グルテンフリーな「タルト生地」を失敗なく作るコツ

【point1】生地はフライパンで蒸す! 生地を蒸すことで、米粉の粘性がでて、生地を折るときにちぎれにくくなります。 ただ、蒸したあとは手早く生地を伸ばして折りたたまないと、生地が冷めて形が崩れやすくなるので注意が必要です。 【point2】生地を伸ばしたら、クッキングシートごと折りたたむ! 蒸したあとの生地を折りたたむときは、生地をつまんで折るのではなく、下に敷いたクッキングシートごと折りたたむようにしましょう。 そうすることで、生地がちぎれるのを防ぐことができます。 【point3】焼き上がったら、完全に冷めるまで触らない! 焼きたてのタルト生地はもろくて崩れやすいため、天板が冷めたら天板ごと冷蔵庫に入れて冷やしてください。生地が完全に冷めるまで触らないようにしましょう。 ポイントを押さえたら、さっそく実践!

米粉生地のザクザク食感がクセになる!「イチゴとカスタードの型なしタルト」

まずはじめに「イチゴとカスタードの型なしタルト」の作り方を、工程写真と合わせてご紹介します。 米粉をベースにしたタルト生地は、アーモンドパウダーを加えると、小麦粉の芳ばしい香りに劣らないほど風味豊かに焼きあげることができます。イチゴの甘酸っぱさとカスタードの濃厚な甘さも相性抜群なので、最後まで飽きずに食べることができます。

材料 (作りやすい分量)

<タルト生地> ・[A]米粉 … 100g ・[A]アーモンドパウダー … 20g ・[A]きび砂糖 … 20g ・[A]ベーキングパウダー … 小さじ1/2 ・生クリーム … 50g ・ココナッツオイル(かたまっていたら湯煎にかけて溶かす) … 50g <カスタード>※作りやすい分量 ・卵黄 … 2個 ・きび砂糖 … 大さじ2と1/2 ・ハチミツ … 大さじ1 ・コーンスターチ … 大さじ2 ・牛乳 … 250ml ・有塩バター … 10g <トッピング> ・イチゴ … 適量

作り方(調理時間:60分) ※冷蔵庫で冷やす時間をのぞく

<タルト生地を作る> ① ボウルにAを入れて混ぜたら、生クリーム、ココナッツオイルを加え、ゴムベラでひとまとまりになるまで混ぜ合わせる。 (※生地のまとまりが悪い場合は生クリームを足し、ひとまとまりになるまで固さを調整してください。)
② ①の生地をラップで包む。
③ フライパンに水100mlを入れてクッキングシートをしき、蓋をして中火で熱する。蒸気が上がってきたら、②をラップに包んだまま入れて蓋をし、弱火で3分蒸す。
④ ラップをはがした生地をボウルに戻し入れて手早くこねて、生地全体の固さを均等にする。
⑤ 生地をクッキングシートの上にのせてラップをかぶせたら、麺棒で厚さ3mmに伸ばす。ラップを外したら、クッキングシートを持ち上げて生地のフチを一周折りたたみ、フチの内側全体にフォークで穴をあける。
⑥ 天板にのせて、180℃に予熱したオーブンできつね色に焼き色がつくまで約20分焼く。
<カスタードクリームを作る> ⑦ ボウルに卵黄、きび砂糖、ハチミツを入れて白っぽくなるまで混ぜたら、コーンスターチを加えて混ぜる。人肌程度に温めた牛乳を温めて加え、さらに混ぜ合わせる。
⑧ 鍋に⑦を入れて中火で熱する。フツフツしてきたら、全体にとろみがつくまで、2~3分ほどゴムベラで混ぜる。火を止め、バターを加えて余熱で溶かし混ぜる。
⑨ ⑧をザルなどで一度濾して滑らかにして粗熱をとる。
⑩ タルトにカスタードクリームをのせ、天板が冷めたら天板ごと冷蔵庫に入れて約1時間冷やしたらイチゴをトッピングする。 (※カスタードは作りやすい分量で作っているため、多少余ります。タルトのフチの内側に入る量をのせてください)

ビターなココア生地と濃厚チーズが絶妙にマッチ! 「型なしチーズタルト」

続いて、ビターな風味が広がるココア味のタルト生地と、濃厚なチーズクリームの相性がよい「型なしチーズタルト」のレシピをご紹介します。 一般的なチーズケーキレシピはケーキ型が必須ですが、今回紹介するレシピはもちろん、型を使わずに作ることができます。 仕上げにココアパウダーをふると、ティラミスのような味わいになって、また違ったおいしさを楽しめるのでオススメです。

材料 (作りやすい分量)

<タルト生地> ・[A]米粉 … 80g ・[A]アーモンドパウダー … 20g ・[A]ココアパウダー … 10g ・[A]きび砂糖 … 20g ・[A]ベーキングパウダー … 小さじ1/2 ・生クリーム … 40g ・ココナッツオイル(固まっていたら湯煎で溶かしておく) … 50g <チーズクリーム> ・クリームチーズ(室温に戻しておく) … 150g ・卵 … 1個 ・ハチミツ … 大さじ3 ・米粉 … 大さじ1

特集

FEATURE CONTENTS