世界一美しい野菜「カリッコリー」とは?保存方法やおすすめレシピも

「カリッコリー」は、カリフラワーとブロッコリーのあいだのような野菜です。見た目はかなり個性的なのですが、おいしさと物めずらしさで日本でもじわじわと話題に!今回は、カリッコリーの特徴や正式名称、味やおすすめレシピなどをまとめてみました♪

2018年11月5日 更新

「カリッコリー」=ブロッコリー+カリフラワー?

本当の名前は「ロマネスコ」

個性的な形が特徴的なこちらの野菜、正式名称は「ロマネスコ」と言います。色味や食感や味わいがカリフラワーとブロッコリーのあいだということから、日本では「カリッコリー」や「カリブロ」などという名前で親しまれていますね。

花蕾(からい)と呼ばれる一番上の部分は、ぐるぐるが無数に集まった不思議な形をしているため「サンゴショウ」と呼ばれることも!独創的&芸術的な見た目から「世界一美しい野菜」と称され、デザイン性の高さからも注目されています。

「カリッコリー」はヨーロッパ生まれの冬野菜!

カリッコリーはイタリア、またはドイツが発祥と言われ、16世紀ごろから栽培されている昔ながらの野菜です。ブロッコリーとカリフラワーをかけ合わせて作られたとも言われていますが、ふたつの先祖にあたる野菜という説もあり、どちらかはハッキリわかっていません。

日本ではまだまだ馴染みが薄いカリッコリーですが、ヨーロッパでは一般的に食され、家庭でもよく使われる野菜です!11月から4月上旬ごろまでが最盛期で、ブロッコリーなどと同様、寒い時期が旬になります。

「カリッコリー」ってどうやって食べるの?

1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

エマ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう