ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

干物を焼くときのコツ

干物は冷凍保存しておくのがおすすめ。冷凍することで鮮度を保ち、さらには旨味を閉じ込められます。冷凍がおいしく干物を食べるポイントなんです。

干物は冷凍保存がおすすめ

干物は冷凍保存しておくのがおすすめ。冷凍することで鮮度を保ち、さらには旨味を閉じ込められます。

解凍せずに焼くのがポイント!

焼くときには、解凍せずに火加減を弱めにしてじっくりと焼きあげましょう。これが干物の焼き方の基本となります。じっくり焼き上げることで、閉じ込めてある旨味成分が流出するのを防げますよ。

フライパンやオーブントースターを使うときは解凍しよう

「干物」をおいしく焼き上げる基本は解凍せずにそのまま火にかけること。ただし、フライパンやオーブントースターを使うときは例外です。ひと晩かけて冷蔵庫で解凍しておくのがおいしく仕上げるポイントに。

また、厚みがあると焼きムラができやすいため、身の厚いものや揚げ物にする場合も冷蔵庫で解凍してから調理するのがおすすめです。

皮・身どっちから焼くべき?

干物を焼くときは、盛り付けるときに上になる面から焼きます。「川背、海腹」という言葉があるように、海魚と川魚で異なります。川魚は背中を上にして盛り付けるため、背中から川から焼きます。海魚の場合は腹を上にして盛り付けるので、身から焼きましょう。

干物におすすめの調理器具はコレ!

この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ