生でも焼いても!丸ごと味わう「チヌ」の料理レシピ8選

みなさん「チヌ」って知ってますか?聞きなれない名前かもしれませんが、実はわたしたちの身近な魚の名前なんですよ。知らないなんてもったいない!ここはひとつ賢くなっちゃいましょう!チヌの正体とおいしいレシピをご紹介します♪

チヌの下ごしらえ・臭み取りの方法

そもそも「チヌ」って?

チヌとは黒鯛の別名のことです。地域によって呼び名がかわり、チヌとは関西から西で一般的に使われている呼び名なのだとか。西日本では食用魚としての人気が高く、瀬戸内海の漁師料理の「ちぬ飯(たきこみごはん)」は名物でもあるんですよ。

綺麗なシルバー色をしていて、20〜45cmくらいの大きさがおいしいもチヌのポイントです。色が黒くて大きめな個体は味が落ちると言われています。

チヌの臭みを取る方法

甲殻類、カキやフジツボを主食としているチヌは特有の磯臭さがあります。臭みと感じる原因は皮目です。表面のヌメリが臭みの根源なんですね。なので捌き終わってから、皮全体を塩で揉みましょう。塩で揉むことによって臭みの原因となっているヌメリがとれます。全体をしっかり揉みこんだら水で綺麗に洗ってくださいね。

3枚におろす場合は頭を切り落とし、次に鱗を落として内臓をだしましょう。このとき内臓は傷つけないように注意!内臓を取りだしたら、さっと熱湯を全体にかけます。うっすらと霜が降りる程度で大丈夫です。これでもまだ臭みが残る場合は湯引きをしましょう。皮を取ってから熱湯にくぐらせればOK。

チヌを生で楽しむ料理3選

1. 鯛の昆布じめカルパッチョ らっきょうドレッシングがけ

手間がかかると思われがちな昆布じめも、昆布茶でお手軽レシピに。さっぱりした身に昆布茶の味が馴染んで、想像以上に深い味わいが楽しめますよ!ドレッシングは刻んだらっきょうと甘酢でさっぱりといただきましょう。食欲がないときでもパクパク食べられる本格的なひと品です。

2. 中華風刺身

ピーナッツ、ワンタンの皮、白ゴマを使った中華風のタレをかけた食欲そそるお刺身レシピです。たっぷりのシャキシャキ野菜とカリカリのタレがいろいろな食感を楽しませてくれます♪ 千切り野菜はスライサーを使うので時短にもなりますよ。

3. 鯛なます

薄く切ったチヌを使った簡単なますレシピ。かいわれ大根とにんじんで彩り豊かな食卓が華やぐひと品です。材料を切って混ぜるだけなので、何かもうひと品ほしい! というときにパパっと作れちゃいます。お酒にも相性抜群なんですよ!

ふわふわに♪ 焼き・揚げ料理5選

4. チヌの塩焼き

チヌの定番レシピといえば塩焼き!香ばしくパリパリに焼けた皮とふっくらとした身を、シンプルに塩で召し上がれ♪ お好みでレモンを絞ったり、甘酢ショウガと一緒に食べるとまた違った味わいが楽しめますよ。

5. チヌの唐揚げ ネギたっぷり甘酢あんかけ

カラっと揚げたチヌにトロトロの甘酢あんをかけた、ご飯が止まらなくなるメイン料理です。トロトロに煮た青ネギが、これまたチヌの唐揚げにバッチリ合います!さっぱりとしたチヌも満足感のある食べごたえになりますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

camel6808

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう