三重県の郷土料理「うざく」とは?名前の由来と基本の作り方を解説。

三重県の郷土料理「うざく」の基本的な作り方をご紹介します。うなぎの蒲焼きときゅうりや生姜の酢の物を一緒にいただくうざくとは?そのユニークな名前の由来と合わせて、基本のレシピを写真付きで解説。作り方のコツも掲載しています。

さっぱりおいしい!「うざく」とは

青い皿に盛り付けたきゅうりの酢の物とひと口大のうなぎの蒲焼き

Photo by emi

うざくとは、うなぎときゅうりの酢の物のこと。うなぎの蒲焼きをよく冷やしたきゅうりの酢の物と一緒にいただくレシピです。やわらかくて旨味たっぷりのうなぎと、シャキシャキとした食感のきゅうりは相性抜群。味と食感のコントラストを楽しめます。

三重県発祥の酢の物「うざく」

うなぎの蒲焼きといえば江戸の夏の風物詩として知られていますが、「うざく」発祥の地は三重県。近畿地方一帯で好まれており、地域やご家庭にによって刻んだミョウガやしらすを加えるところもあるようです。

「うざく」の名前の由来

うざくの名前の由来は「うなぎをザクザク切ったもの」。このことから「鰻ざく」と表記するお店もみられます。ほかにもきゅうりをザクザク切る音から名付けられたなど、その名前の由来は諸説あるようです。ご当地の郷土料理ということで特別な意味や語源があるのかと思いきや、意外にもユニークなネーミングなんですね。

郷土の味をご家庭でも。「うざく」の基本レシピ

お盆にのせたきゅうりの酢の物とひと口大のうなぎの蒲焼き

Photo by emi

今回は「うざく」をご家庭でも楽しめる、市販のうなぎの蒲焼きを使った簡単レシピをご紹介します。郷土料理というと特別な調理が必要なように思えますが、とっても簡単なんですよ。

材料(2〜3人分)

うなぎの蒲焼きときゅうりがのった角皿と、わかめの入った器、4つの調味料皿

Photo by emi

食材

・きゅうり……1本
・うなぎの蒲焼き……半切れ(約80g)
・わかめ……15〜20g(水で戻した状態)
・生姜……ひと欠け

調味料

・酢……大さじ2杯
・砂糖……大さじ1杯
・だし汁……大さじ2杯半
・薄口醤油……小さじ1杯

作り方

⒈ きゅうりをスライスする

ガラスボウルに入ったスライスきゅうりとスライサー

Photo by emi

スライサーか包丁できゅうりをスライスします。

2 . スライスしたきゅうりを塩もみする

ガラスボウルの中の塩もみしたきゅうり

Photo by emi

スライスしたきゅうりに塩小さじ1/4をかけ、軽く塩もみします。このときあまりギュッともみこまず、全体に塩をなじませるように軽くもみこみましょう。

しばらく塩もみしたら、余分な水を切っておきます。

3 . わかめを切る

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

emi_

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう