ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

コンソメキューブとは

コンソメキューブの使い方

もともとフランス料理のコンソメは「完成された」という意味のフランス語で、その名のとおり、澄んだ液体が美しくおいしいスープです。コンソメの作り方は、お肉や香味野菜を煮て作った出汁(ブイヨン)を煮詰め、ハーブなどで香りづけをして塩で味を調えたものです。 そのコンソメスープの素をギュッとキューブ型に凝縮したものが、コンソメキューブ! そのままお湯に溶かせば手軽にコンソメスープが味わえ、お料理の下味に使えば味にコクや深みがプラスされます。シチューやポタージュなどはもちろん、煮込み料理にも使える便利な調味アイテムです。

コンソメキューブ1個に対する水の量は?

では、コンソメキューブ1個に対する水の量はどのくらいなんでしょう? お料理の内容によっても違いますが、一般的にコンソメキューブ1個に対して水300mlを目安にして調理してくださいね。

コンソメキューブと粉末コンソメの違い

コンソメキューブ1個は粉末で何g?

洋食レシピにはなくてはならないコンソメですが、粉末タイプを使っている方も多いと思います。コンソメキューブ1個は5g程度なので、粉末コンソメの小さじ2杯弱くらいになります。ですからレシピにコンソメ大さじ1となっている場合、コンソメキューブ1個と半分程度に相当するようです。 では、コンソメキューブと粉末コンソメのどちらが便利なんでしょう?2つの違いを比較してみましょう。

キューブタイプ

キューブタイプは1つずつ個別包装されているので、湿気の影響を受けにくく比較的長持ちします。スープなどを作るときには、そのまま投入すればいいので調理が楽になりますよね。半面、少量使いたいときにはキューブを砕く必要があるので、不便かもしれません。

特集

FEATURE CONTENTS