コンソメキューブとは?粉末とどっちがいいの?ブイヨンとの違いは?

普段の料理に何気なく使っているコンソメですが、売り場にはキューブタイプや粉末タイプ、さらにはキューブ型ブイヨンも並んでいます。意外と知らないそれぞれの特徴や違いについて調べてみました。コンソメキューブのおすすめレシピもご紹介しましょう。

2018年11月4日 更新

コンソメキューブとは

コンソメキューブの使い方

もともとフランス料理のコンソメは「完成された」という意味のフランス語で、その名のとおり、澄んだ液体が美しくおいしいスープです。コンソメの作り方は、お肉や香味野菜を煮て作った出汁(ブイヨン)を煮詰め、ハーブなどで香りづけをして塩で味を調えたものです。

そのコンソメスープの素をギュッとキューブ型に凝縮したものが、コンソメキューブ!
そのままお湯に溶かせば手軽にコンソメスープが味わえ、お料理の下味に使えば味にコクや深みがプラスされます。シチューやポタージュなどはもちろん、煮込み料理にも使える便利な調味アイテムです。

コンソメキューブ1個に対する水の量は?

では、コンソメキューブ1個に対する水の量はどのくらいなんでしょう?
お料理の内容によっても違いますが、一般的にコンソメキューブ1個に対して水300mlを目安にして調理してくださいね。

コンソメキューブと粉末コンソメの違い

1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう