ライター : mkmog

管理栄養士 / 食生活アドバイザー / デリカアドバイザー

育児に奮闘中ながらも子どものいる生活に癒されています。おいしいもの、ゆったりとした暮らしが好きです。

新野菜「プチヴェール」って?

ケールと芽キャベツをかけ合わせた新しい野菜「プチヴェール」。平成2年に静岡県磐田市の増田採種場で生み出された新しい野菜です。β-カロテンやビタミンC、カルシウム、鉄などを含んでいます。まだ比較的新しい野菜ということもあって、初めて名前を聞くという方も多いのではないでしょうか?

プチヴェールという名前の由来

「プチヴェール」とは実はフランス語で「小さな緑」。「プチ(Petit)=小さな」と「ヴェール(Vert)=緑」という2つを合わせてつけられた名前です。その名の通り、手のひらにのるサイズで、鮮やかなグリーンの葉がかわいらしい野菜です。名前もなんだかかわいい響きですよね。

プチヴェールの特徴

見た目

ピンポン玉くらいの大きさで、芽キャベツに似た育ち方をしますが、葉は芽キャベツのように丸くなりません。葉先はフリルのように開いているので、まるで緑のバラの花のようなかわいらしさです。1枚ずつにするのもいいですし、半分に切ってコロンと料理に使うのもおしゃれですね。

味わい

しっかりとした緑色をしているので苦味を連想するかもしれませんが、実はプチヴェールは糖度の高い野菜なんです。その糖度はなんと11〜13度。これは一般的なイチゴやミカンと同じくらいの数値なんです!とはいっても食べたときに果物のような甘みがあるわけではなく、ほんのりと上品な甘みがあり、とてもおいしいんです♪

食べ方

葉が重なっているので、調理する際にはよく洗います。下ごしらえは2分ほどゆでるだけ。火を通すとより鮮やかな緑色になり、甘みが出るんです♪ クセのない味で、サラダや和え物などいろんな料理に使えます。煮崩れしにくいのでシチューやグラタンの具、天ぷらにもおすすめ。いつもの料理に加えるだけで食卓をパッと明るく彩ってくれますよ。
Photos:9枚
白いお皿に盛られた若鶏の軟骨とプチヴェールのスパイシー炒め
黒い平皿に盛られたプチヴェールころころ巻き
お皿に盛られたプチヴェールのガーリックレモンパスタ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS