野菜は水切りが重要!簡単な方法や便利商品6選もまとめて紹介

みなさんはおいしいサラダ作りのポイントをご存知ですか?野菜の新鮮さも重要ですが、実は野菜の水切りをしっかりとおこなうだけでサラダの味わいが全然違うのですよ。水切りの方法や水切りに便利な商品を詳しくご紹介しますので、参考にしてみてくださいね♪

野菜は水切りが重要!

水切りのメリット

おいしいサラダの条件を聞かれたら、新鮮な野菜を使うこと、こだわりのドレッシングを作ることと答える方が多いのではないでしょうか?実は忘れてはいけない条件のひとつとして、野菜の水切りがあります。

サラダにみずみずしさは必須ですが、水っぽさは必要ありません。野菜の水切りがきちんとできていないと、せっかくのこだわりドレッシングも味が薄くなってしまいます。そのせいで必要以上のドレッシングをかけてしまい、余計なカロリーを摂取することになってしまいますね。

野菜の水切りが重要なのは、サラダだけではありませんよ。炒め物に使う野菜もしっかりと水切りがおこなわれていないと、作る料理が水っぽくなってしまいますよね。何気なくやっていることが実はとても大事な工程だったりします。

野菜の水切り方法は?

ざる

どのご家庭にもざるって置いてありますよね。ざるを使えば、わざわざ特別な道具を購入しなくても手軽に野菜の水切りをおこなうことができますよ。

やり方もとっても簡単。水洗いした野菜をざるにあげて数回振るという方法でもいいのですが、もっとしっかり水切りができるとっておきのワザがあるのですよ。

野菜を入れたザルに同じサイズのボウルで蓋をします。あとは、シンクの上で上下に振れば完了です。これである程度の水気を切ることができますよ。今からできるので、蓋をして水を切ってみましょう!

サラダスピナー

サラダスピナーという野菜の水切り専用器具を使えば、よりしっかりと水気を切ることができ、シャキッとしたおいしいサラダを食べることができますよ。

サラダスピナーという製品のほとんどは、バケツのような形状の容器の中で野菜を高速回転させることにより、遠心力で野菜の水気を取り除く仕組みになっています。ハンドルタイプのものと押しボタンタイプのものがありますが、どちらもバケツに野菜を入れてボタンを押すもしくはハンドルを回すだけで水切りが完了しますよ。

あなたはどれを重視する?野菜の水切り器の機能性

ハンドルの形

サラダスピナーはハンドルの形だけでもさまざまな種類があります。ハンドル部分が棒状になっているもの、指先でつまんで使うもの、手のひらで握って使うもの、中には縦ハンドルのものもあるのですよ。

中でも使いやすくておすすめなのが、手のひらで握ることのできるハンドルです。力を入れやすいので、ハンドルの回しやすさ抜群ですよ。縦ハンドルも力を入れやすいですが、回す動作に広いスペースが必要になるので、狭いキッチンでは少し使いづらく感じるかもしれませんね。

大きさ

サラダスピナーの大きさも商品を選ぶ上で重要なポイントですよ。せっかく買っても収納できるスペースがなければ困りますよね。あなたのキッチンの収納スペースに見合った大きさのものを選ぶようにしましょう。中には折りたたみ可能な商品もあるので、検討してみるのもありですね。

また、商品の大きさだけでなくバケツの大きさも考慮する必要があります。子どものいるご家庭なら、たくさん野菜が入る大きめのものが便利ですね。ひとり暮らしの方には収納もしやすいコンパクトなものがおすすめですよ。

通販でも購入可!おすすめ水切り器6選

1. ハンドルの握りやすさ抜群!「パール金属 Petit chef Jr 」

ハンドルが軽くて回しやすい一押しの商品です。ネジひとつで蓋カバーを分解することができるので、お手入れがとっても簡単ですよ。容器の底に滑り止めが施されているので、回すときも滑ることなく安心して使うことができますね。

2. 驚きの安さ!「IKEA TOKIG サラダスピナー」

とにかく価格重視という方にはもってこいのIKEAのサラダスピナーです。シンプルな作りですがその分お手入れも簡単で、とっても使いやすいですよ。分解してボウルやざるとしても使うことができるので、使い勝手も抜群ですね。

特集

SPECIAL CONTENTS