ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

ウイスキーをロックで楽しむ!

ウイスキーを片手にゆったりとくつろぐ、よく映画で見られるシーンは大人の見本を見ているようで、憧れますよね。 オン・ザ・ロックはウイスキーを氷で割るだけのシンプルな飲み方ですが、正式な飲み方や作り方があるのをご存知ですか?作り方・飲み方をマスターして、さらにかっこいい大人を目指しましょう!

「オン・ザ・ロック」ってどういう飲み方?

グラスに氷を入れ、ウイスキーを注いだだけのシンプルな飲み方です。ウイスキーそのものの味わいを楽しめるので、丁寧に仕込まれたアルコール度数の高い飲み物をよりおいしく味わうことができます。 ロックアイスを入れる目的は、お酒を冷やすこと。氷で急速に冷やして、味のバランスが崩れる前に飲み干すのがスマートな飲み方です。バーで丸氷を使うのは、氷をできるだけ溶かさず冷やすのに、氷の表面積が少ない方が良いからなんですよ!

オン・ザ・ロックの作り方

用意するもの

・ロックグラス ・好きなウイスキー ・大きめの氷 ・マドラー(なければスプーンでも!)

おいしい作り方とコツ

1. グラスに大きめの氷を入れる。 2. ウイスキーを30ml程度注ぐ。 3. マドラーで軽くまぜる。 氷はコンビニで売られているロックアイスなどを使うとにおいが気になりません。氷をご家庭で作る場合は大きめの製氷皿にミネラルウォーターを使って作るといいでしょう。 オン・ザ・ロックは冷たく冷やして飲むもの。あまり多くのウイスキーを注いでしまうと、しっかりと冷えず、氷が溶け水っぽくなるので避けます。また、あらかじめグラスをしっかりと冷やしておくといいですよ。

オンザロックのおいしい飲み方

粋でおいしいウイスキーの飲み方は「ゆっくりと味わうこと」です。まず最初に鼻で香りを楽しみ、少量ずつ口に含むようにします。 その後、水や炭酸水を多めに飲んで口をさっぱりとリセットします。ご存知の方も多いでしょうが、ウイスキーと交互に飲む水のことをチェイサーと呼びます。水だけでなくソーダやビールを合わせるのも定番です。英語でチェイサー(chaser)とは「追っ手」の意味。お酒とお水で追いかけっこをしている、言い得て妙で楽しくなります♪ ロックは、濃度が高いまま香りを楽しみたいので、飲むのに短時間で飲み切れる少量ずつ注ぎましょう。チェイサーでコントロールできれば完璧な大人の飲み方です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS