普通の鍋と天ぷら鍋の違いとは?おすすめ天ぷら鍋9選

普通の鍋と天ぷら鍋には、揚げ物を作る際どんな違いが生じるかご存知でしょうか。天ぷら鍋には、揚げ物を作るためのさまざまな工夫がこらされています。天ぷら鍋の材質から、選び方のポイント、おすすめの天ぷら鍋まで詳しく紹介していきます。

2018年4月19日 更新

揚げ物なら天ぷら鍋で!

みなさんは、揚げ物を作る際どんな鍋を使っているでしょうか。フライパンや適当な片手鍋などを使っていませんか?もちろんそれでも揚げ物を作ることはできますが、おいしい揚げ物を作るなら天ぷら鍋がおすすめです。

揚げ物をおいしく揚げるには、深くて分厚い鍋を使うのがいいとされています。揚げ物に適した量の油を入れることができ、また揚げ物に適した温度に保てる畜熱性が大事だからです。その条件をクリアするなら、やはり揚げ物専用に作られた天ぷら鍋が最適といえます。

どんな素材がある?

料理のプロはよく銅製の鍋を使っています。銅製の天ぷら鍋は蓄熱性があり、熱伝導もいいので早く油の温度を上げることができるとされています。また、銅製の天ぷら鍋は油の劣化もしにくいとされているので、大量の油を使う揚げ物にも適していますね。

プロが愛用するだけあって使いやすい銅製の天ぷら鍋ですが、ネックなのは高価だということです。それを考慮しても、揚げ物が好きな人にはぜひ使っていただきたいですね。

銅製に次いで人気なのは鉄製の天ぷら鍋です。銅に比べて安価なので手に入れやすいのが最大のメリット。それでも熱伝導率が高く、油を適温に保ちやすい性質を持っています。分厚いほど蓄熱性があるのでおすすめなのですが、一方で重く扱いにくいという欠点もあります。鉄はさびやすい素材なので、お手入れにも注意が必要ですね。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう