ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

揚げ物なら天ぷら鍋で!

みなさんは、揚げ物を作る際どんな鍋を使っているでしょうか。フライパンや適当な片手鍋などを使っていませんか?もちろんそれでも揚げ物を作ることはできますが、おいしい揚げ物を作るなら天ぷら鍋がおすすめです。 揚げ物をおいしく揚げるには、深くて分厚い鍋を使うのがいいとされています。揚げ物に適した量の油を入れることができ、また揚げ物に適した温度に保てる畜熱性が大事だからです。その条件をクリアするなら、やはり揚げ物専用に作られた天ぷら鍋が最適といえます。

どんな素材がある?

料理のプロはよく銅製の鍋を使っています。銅製の天ぷら鍋は蓄熱性があり、熱伝導もいいので早く油の温度を上げることができるとされています。また、銅製の天ぷら鍋は油の劣化もしにくいとされているので、大量の油を使う揚げ物にも適していますね。 プロが愛用するだけあって使いやすい銅製の天ぷら鍋ですが、ネックなのは高価だということです。それを考慮しても、揚げ物が好きな人にはぜひ使っていただきたいですね。

銅製に次いで人気なのは鉄製の天ぷら鍋です。銅に比べて安価なので手に入れやすいのが最大のメリット。それでも熱伝導率が高く、油を適温に保ちやすい性質を持っています。分厚いほど蓄熱性があるのでおすすめなのですが、一方で重く扱いにくいという欠点もあります。鉄はさびやすい素材なので、お手入れにも注意が必要ですね。

ステンレス

鉄製の天ぷら鍋に比べて扱いやすいのがステンレス製の天ぷら鍋です。ステンレスは頑丈で錆びに強く、鉄ほど神経質に手入れする必要がないのが利点です。銅、鉄ほど熱伝導率はよくありませんが、保温性はあるため扱いやすいです。 温度管理さえ注意すれば、ステンレス製は値段、手入れのしやすさにおいて一般家庭では特に使い勝手のいい材質の天ぷら鍋ではないでしょうか。

アルミ

アルミ製の天ぷら鍋も、ステンレス製と同様使い勝手がいいのがメリットです。アルミニウムは金属のなかでも特に軽い素材なので扱いやすいです。安価なのもうれしいですね。 一方、あまりにも熱伝導率が高すぎるため、大量の揚げ物を作る際は注意が必要です。油を適温に保つのが難しいため、温度を逐一チェックする必要があるのが難点です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS