普通の鍋と天ぷら鍋の違いとは?おすすめ天ぷら鍋9選

普通の鍋と天ぷら鍋には、揚げ物を作る際どんな違いが生じるかご存知でしょうか。天ぷら鍋には、揚げ物を作るためのさまざまな工夫がこらされています。天ぷら鍋の材質から、選び方のポイント、おすすめの天ぷら鍋まで詳しく紹介していきます。

揚げ物なら天ぷら鍋で!

みなさんは、揚げ物を作る際どんな鍋を使っているでしょうか。フライパンや適当な片手鍋などを使っていませんか?もちろんそれでも揚げ物を作ることはできますが、おいしい揚げ物を作るなら天ぷら鍋がおすすめです。

揚げ物をおいしく揚げるには、深くて分厚い鍋を使うのがいいとされています。揚げ物に適した量の油を入れることができ、また揚げ物に適した温度に保てる畜熱性が大事だからです。その条件をクリアするなら、やはり揚げ物専用に作られた天ぷら鍋が最適といえます。

どんな素材がある?

料理のプロはよく銅製の鍋を使っています。銅製の天ぷら鍋は蓄熱性があり、熱伝導もいいので早く油の温度を上げることができるとされています。また、銅製の天ぷら鍋は油の劣化もしにくいとされているので、大量の油を使う揚げ物にも適していますね。

プロが愛用するだけあって使いやすい銅製の天ぷら鍋ですが、ネックなのは高価だということです。それを考慮しても、揚げ物が好きな人にはぜひ使っていただきたいですね。

銅製に次いで人気なのは鉄製の天ぷら鍋です。銅に比べて安価なので手に入れやすいのが最大のメリット。それでも熱伝導率が高く、油を適温に保ちやすい性質を持っています。分厚いほど蓄熱性があるのでおすすめなのですが、一方で重く扱いにくいという欠点もあります。鉄はさびやすい素材なので、お手入れにも注意が必要ですね。

ステンレス

鉄製の天ぷら鍋に比べて扱いやすいのがステンレス製の天ぷら鍋です。ステンレスは頑丈で錆びに強く、鉄ほど神経質に手入れする必要がないのが利点です。銅、鉄ほど熱伝導率はよくありませんが、保温性はあるため扱いやすいです。

温度管理さえ注意すれば、ステンレス製は値段、手入れのしやすさにおいて一般家庭では特に使い勝手のいい材質の天ぷら鍋ではないでしょうか。

アルミ

アルミ製の天ぷら鍋も、ステンレス製と同様使い勝手がいいのがメリットです。アルミニウムは金属のなかでも特に軽い素材なので扱いやすいです。安価なのもうれしいですね。

一方、あまりにも熱伝導率が高すぎるため、大量の揚げ物を作る際は注意が必要です。油を適温に保つのが難しいため、温度を逐一チェックする必要があるのが難点です。

天ぷら鍋の選び方

大きさ

天ぷら鍋は大きさはそれほど重要ではありません。小さくても深さがあれば十分な量の油を使うことができます。

一番小さくて使いやすいのは16から20cm程度の天ぷら鍋でしょう。これくらいならひとり暮らしであっても、家族であっても不足することはありません。プロが作るような揚げ物を、ということであれば、容量の大きい25から30cm程度の鍋がおすすめです。

油をたっぷり入れることができるかに着目して選ぶと失敗はありません。

形状

揚げ物を作る天ぷら鍋は、できるだけ深く口が広い形状がおすすめです。一度にたくさん揚げるならなおさらです。

揚がった揚げ物を置くための網が付属しているタイプの天ぷら鍋もありますが、あってもなくても構いません。揚げ物は揚げたらすぐバットに移すのがベスト。鍋付属の網に置いておくと、余計な水分を吸っておいしくなくなってしまいます。網はあっても使わないほうがいいです。

注ぎ口の有無

注ぎ口の有無は、揚げ物をどれくらいの頻度でするかによっても要不要に分かれます。注ぎ口は、使った油をオイルポットなどに移す場合に便利です。注ぎ口がないと油が垂れやすくて困りますよね。

でも、オイルポットで油を保存するのは、頻繁に揚げ物を作る人くらい。油は劣化しやすいので、しばらく揚げ物はしないよ、という方であればそのまま処分してしまうのがいちばんいいです。そういう場合は注ぎ口がなくても問題ありません。

小型の天ぷら鍋3選

1. 熱伝導のいい銅製鍋「揚げ物をカラッと美味しく揚げる!銅製天ぷら鍋」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう