おすすめステンレス鍋10選!使うメリットやアルミ鍋との違いも

時間をかけてコトコト煮込む料理などにぴったりな「ステンレス鍋」。この記事では、さびにくくて丈夫な素材の鍋の魅力をご紹介します。また、ステンレス鍋のおすすめ商品も10種類ほどピックアップしました。ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

ステンレス鍋ってどんなもの?

もともと「ステンレス」とは、「汚れが少ない」という意味を持っている言葉。主な成分は鉄なのですが、表面に「クロム」という素材でうすい膜を張ることで作られていて、さびにくいのがその特徴となっています。そのため、お鍋だけでなく、食器やキッチンのシンクにも使われている、私たちの生活に馴染みのある素材なんですよ♪

そのような特徴を持っている「ステンレス鍋」は、特に煮込み料理などに適していて人気のお鍋なんです。

アルミ鍋やホーロー鍋との違いは?

お鍋は、ステンレス製のものだけでありません。アルミやホーローなど、ほかの素材でできているものもあります。

アルミ鍋は熱伝導がよくて軽いので、とても扱いやすくて便利。ですが、酸性とアルカリ性に弱いという特性をもっています。そのためお酢や塩分の濃い調味料などを使って長時間煮込んだりすると、お鍋を傷めてしまうのです。つまり、「ステンレス鍋」に比べると、アルミ鍋は短時間の料理向けということになるでしょう。

ホーロー鍋は、表面がガラスでできているお鍋。そのため、衝撃に弱く、取り扱いに注意が必要な素材です。急冷や空だきは禁物!お手入れもやわらかいスポンジなどを使う必要があります。メリットは、酸性に強いことと保温性が高いこと。また、焦げ付いても比較的簡単に汚れを取ることができるのもその特徴のひとつです♪

ステンレス鍋のメリット

保温性が高い

「ステンレス鍋」は、熱伝導率が低いこと。そのため、保湿性や保冷性に優れているのが特徴です。ステンレスがコーヒーマグやビアマグにもよく使われているのは、そのような理由から。保温や保冷が効く水筒のほどんどはステンレス製なんですよ♪

また、弱火でも十分加熱されるので、省エネにもなるのもうれしいところ。特に煮込み料理をするときにぴったりなお鍋と言えるでしょう!

比較的丈夫

ステンレスは鉄を主成分としながらクロムなどを混ぜた、さびにくくて衝撃に強い合金素材。そんな素材で作られている「ステンレス鍋」は、比較的丈夫にできているのもそのメリットのひとつです。

焦げついてしまったときにも、汚れが取れやすくお手入れも簡単なのもうれしいポイント。形が変わってしまうこともありません。そのため長いあいだ愛用することができるのが特徴です♪

IHキッチンでも使える

お鍋を電気の力で温めてくれるIHキッチン。今では、一般家庭でもすっかり普及してきました。ガスコンロよりも火力が強く使いやすいので、とても便利ですよね。けれども、使えないお鍋が意外に多いのがちょっと困るところでもあります。

「ステンレス鍋」なら、その多くがIHキッチンに対応しているので、この点でも大きなメリットのひとつと言えるでしょう♪

ステンレス鍋は焦げ付きやすい?

「ステンレス鍋」の特徴は、熱伝導率が低いこと。そのため、焦げ付きができやすいのが悩みどころです。

「ステンレス鍋」の熱伝導率は、アルミの約10分の1くらいしかありません。そのため、火があたっている部分やIHのコイルが、部分的に高温になってしまうのです。これが、「ステンレス鍋」が焦げ付きやすい理由。

このような「ステンレス鍋」の弱点を補うために、アルミを中央に挟んだステンレス三層のものなども登場しています。また、特に焦げやすいカレーやシチューなど、長時間煮込む必要がある料理を作る場合、底の厚いお鍋を選ぶのがおすすめです。

どんなお料理が焦げ付きやすい?

「ステンレス鍋」が焦げ付きやすいのは、焼き料理や煮込み料理。熱伝導率が低いので、お鍋の周囲が温まりにくくなってしまい、お鍋の内部の温度にムラができがちなのです。そのため、かぼちゃなどの火が通りにくい食材には注意が必要。

また、焦げ付いたまま放置してしまうと、汚れが取れにくくなってしまいます。焦げ付いたらすぐに洗ってきれいにしておくのが、長く使い続けるためのコツです♪

焦げ付かない方法はあるの?

「ステンレス鍋」は、適温でなかったり高温になっているときに具材をいれてしまうと、具材がくっ付いてしまって焦げができる原因になってしまいます。そのため、あまり温めすぎないようにするのがコツ。

強火のままにしておくことは避けておくことが大切です。調理の際、火加減にとくに慎重になる必要があるのということ。それが「ステンレス鍋」の特性と言えるでしょう。

それでも焦げ付いてしまったら

それでも焦げ付いてしまっても、それほど心配する必要はありません。ちょっと手間がかかりますが、効果的に焦げをとる方法があるのです♪

ちょっとだけ焦げてしまったときには、「ステンレス鍋」に焦げた部分がつかるように水を張って、そのまま放置。そして、スポンジなどでこすれば取れます。それでも取れにくい場合には、火にかけてグツグツと沸騰させましょう。

また天日干し日にしておく方法も。数日かかってしまうこともありますが、焦げがパリパリになって、こするとポロポロと取れていきますよ♪

特に焦げが激しいときには、水にお酢や重曹を入れてみると汚れ落ちがよくなるので試してみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう