ライター : y_nakagawa

おいしい物、おいしいお店、便利なキッチンアイテム。グルメにまつわるいろいろをお届けします。

ステンレス鍋ってどんなもの?

もともと「ステンレス」とは、「汚れが少ない」という意味を持っている言葉。主な成分は鉄なのですが、表面に「クロム」という素材でうすい膜を張ることで作られていて、さびにくいのがその特徴となっています。そのため、お鍋だけでなく、食器やキッチンのシンクにも使われている、私たちの生活に馴染みのある素材なんですよ♪ そのような特徴を持っている「ステンレス鍋」は、特に煮込み料理などに適していて人気のお鍋なんです。

アルミ鍋やホーロー鍋との違いは?

お鍋は、ステンレス製のものだけでありません。アルミやホーローなど、ほかの素材でできているものもあります。 アルミ鍋は熱伝導がよくて軽いので、とても扱いやすくて便利。ですが、酸性とアルカリ性に弱いという特性をもっています。そのためお酢や塩分の濃い調味料などを使って長時間煮込んだりすると、お鍋を傷めてしまうのです。つまり、「ステンレス鍋」に比べると、アルミ鍋は短時間の料理向けということになるでしょう。 ホーロー鍋は、表面がガラスでできているお鍋。そのため、衝撃に弱く、取り扱いに注意が必要な素材です。急冷や空だきは禁物!お手入れもやわらかいスポンジなどを使う必要があります。メリットは、酸性に強いことと保温性が高いこと。また、焦げ付いても比較的簡単に汚れを取ることができるのもその特徴のひとつです♪

ステンレス鍋のメリット

保温性が高い

「ステンレス鍋」は、熱伝導率が低いこと。そのため、保湿性や保冷性に優れているのが特徴です。ステンレスがコーヒーマグやビアマグにもよく使われているのは、そのような理由から。保温や保冷が効く水筒のほどんどはステンレス製なんですよ♪ また、弱火でも十分加熱されるので、省エネにもなるのもうれしいところ。特に煮込み料理をするときにぴったりなお鍋と言えるでしょう!

比較的丈夫

ステンレスは鉄を主成分としながらクロムなどを混ぜた、さびにくくて衝撃に強い合金素材。そんな素材で作られている「ステンレス鍋」は、比較的丈夫にできているのもそのメリットのひとつです。 焦げついてしまったときにも、汚れが取れやすくお手入れも簡単なのもうれしいポイント。形が変わってしまうこともありません。そのため長いあいだ愛用することができるのが特徴です♪

IHキッチンでも使える

お鍋を電気の力で温めてくれるIHキッチン。今では、一般家庭でもすっかり普及してきました。ガスコンロよりも火力が強く使いやすいので、とても便利ですよね。けれども、使えないお鍋が意外に多いのがちょっと困るところでもあります。 「ステンレス鍋」なら、その多くがIHキッチンに対応しているので、この点でも大きなメリットのひとつと言えるでしょう♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS