6. ブーランジェリースドウの「俺のあんバター」(世田谷・松陰神社前)

Photo by @mainichisukiko

320円(税込)
世田谷区にある大人気のパン屋さん「Boulangerie Sudo(ブーランジェリースドウ)」。

「俺のあんバター」は北海道十勝産の粒あんと、北海道産発酵バターがはみでるほどにたっぷり入っています。コッペパンは、ホップ種の自家製天然酵母を使っているため、もっちもちの食感です。

ブーランジェリースドウのパンは、どれも大人気で売り切れ続出。確実にゲットするなら早めの時間に訪れてみてください。
店舗情報

7. ガーデンハウスクラフツの「全粒まるぱん 十勝あんバター」(代官山)

Photo by @asako152

319円(税込)
東横線の線路跡地に誕生した商標施設「ログロード代官山」内にある、「GARDEN HOUSE CRAFTS(ガーデンハウスクラフツ)」。

季節の食材を使った料理や、素材にこだわった焼きたてパンが楽しめるお店です。代官山のほか、2016年には「NEWoMan(ニュウマン)新宿」にも店を構えています。

「全粒まるぱん 十勝あんバター」は、特殊な石臼で挽いた全粒粉を使ったまるぱんに、十勝産の小豆餡とバターをサンドしたひと品。一見固めのパンに見えますが、食べてみるとふわふわもちもち。香ばしい全粒粉の香りもたまりません。
店舗情報

8. マルイチベーグルの「あずきバター」(白金)

Photo by @morikuma1011

460円
白銀高輪にある「MARUICHI BAGEL(マルイチベーグル )」は、こだわりのベーグルを使ったベーグルサンドが人気のパン屋さん。イートインスペースもあり、ランチ時には行列ができるほどの大盛況ぶりです。

「あずきバター」は、ボリュームたっぷりで見た目のインパクトがすごい……!もちもちの米粉ベーグルに、大粒小豆のあんこがたっぷり入っています。あんこは甘さ控えめなので、小豆の味をしっかり楽しめますよ。
店舗情報

東京の絶品あんバターを巡ろう

パンであんことバターを挟むというシンプルな「あんバター」。ですが、どのお店も材料や作り方、見た目にこだわっているからこそ、唯一無二の魅力が感じられます。さまざまなあんバターを食べ比べて、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょう♪

※記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ