スイカのおいしい保存方法・期間!常温・冷凍・カット後の賞味期限

夏の風物詩であるスイカ。身近なフルーツのひとつですが、スイカの状態によって保存方法や期間が違うって知っていましたか?今回はまるごとのスイカやカットしたもの、冷凍スイーツにする場合の3つのシーンにわけて保存方法をご紹介しちゃいます♪

2018年4月10日 更新

冷凍して即席シャーベットにも!

スイカを冷凍保存すると、生で食べるときとはまた違った食感を楽しむことができます。たくさんあるスイカをいろいろな食べ方で味わいたいときにはぴったりですね。シャーベットのように食べられるので、暑い日のデザートにもおすすめです!

冷凍保存の方法

スイカを冷凍保存するときには、まず食べやすい大きさのひと口大くらいにカットします。皮と種をしっかりと取り除いたら、ぴったりと口を閉められるフリーザーパックに入れます。軽くお砂糖をまぶしたら、なるべく空気を抜いてから冷凍保存をしましょう。お砂糖は、保存するときではなく食べるときにまぶす方法もありますよ。お好みでどうぞ。

冷凍したスイカの賞味期限は?

冷凍したスイカは、今までの保存方法の中でいちばん長い期間で鮮度を保つことができます。その期間は約1~2か月程度。長くおいしく楽しむことができるので、夏の間じゅう新鮮なスムージーやシャーベットが味わえそうですね。

傷んだスイカを見分けるサイン

たとえ適切な保存期間内でも、スイカが悪くなっている場合には食べるのはやめましょう。

傷んだスイカを見分けるサインとして、まず匂いが挙げられます。酸っぱい臭いや、すえたような臭いがするときはNG。また、見た目がブヨブヨになっていたり中身が液状化しているなど、いつものスイカと違う状態になっているときもアウトです。

上手に保存してスイカをもっとおいしく♪

夏の風物詩のひとつでもあるスイカ。上手に保存すれば、もっとおいしく食べられちゃいそうですよね♪カットするかどうか、またシャーベットやスムージーに使うかどうかでも保存の仕方が違うということに驚かれた方もいるのではないでしょうか。

まるごと保存したり、食べやすくカットして保存したり。お子さんがたくさん集まる日には、シャーベットをたっぷり用意しておいてもいいですね。ぜひ上手に保存して、スイカをよりおいしく味わっちゃいましょう!
▼もっと知りたい!スイカの豆知識
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう