スイカに塩をかけると甘くなるのはなぜ?ほかの果物にかけるとどうなる?

夏の代表的なフルーツといえば「スイカ」。スイカに塩をかけて食べると甘さをより強く感じますが、その理由はご存知ですか?実は、塩分と甘みでは味覚の感じ方に違いがあるんです。スイカ以外にもおいしい意外な果物もご紹介します。

スイカには「塩」がつきもの?

夏になると食べたいフルーツのひとつとして「スイカ」があがるのは定番ですよね。そして、スイカを食べるときには、もれなく塩をかけるという方も多いのでは?

スイカに塩をかけると甘く感じる……塩辛いものをかけて甘くなるというのは、考えてみると不思議ではないでしょうか。いったいどうしてなんでしょう?

今回はスイカに塩をかけるとなぜ甘くなるのか、またほかにどんな効果があるのかなどをお話ししたいと思います。

スイカに塩をかける効果とは?

スイカに塩をかけると甘くなる?

スイカを食べているときに「塩」をかけるのは、日本では定番の食べ方。カットしたスイカにパラパラと塩を振って食べれば、スイカの甘さが際立ちますよね?

なんと中国ではなんとスイカには「砂糖」をかけて食べるんですって。砂糖をかけることによって、くだものよりもデザートになる感じです。正反対で面白いですよね。気になった方はぜひ試してみてください。

スイカに塩をかけることによって起こる効果

人間の味覚は、甘さより先に塩辛さを感じるようにできています。塩辛さを感じたあとに甘さを感じると、普通より強く甘さを感じることができるんですね。舌の感覚を変化させることで、スイカをさらにおいしく味わえるのです。

これは「味の対比効果」によるもの

2種類以上の異なる味が混ざり合うことによって、ひとつの味が強まる現象のことを「味の対比効果」といいます。

対比効果で重要なのは、バランス。あまり塩をかけすぎると、塩味ばかりが先立ってしまうので、くれぐれも塩は少なめ、ほどほどの味つけにしておきましょう。

ほかの果物に塩をかけると?

では、スイカ以外のフルーツに塩をかけるとどうなんでしょう。甘さが強まる効果は期待できるのでしょうか?

リンゴ

そもそもリンゴは、色が変わらないように皮をむいたら塩水につけるという方法もありますので、塩をかけても違和感はありません。ですが、スイカほどの味の対比効果は残念ながら感じられないようです。

グレープフルーツ

グレープフルーツに塩をかけると、カクテルの「ソルティドッグ」の味わいに。スイカのように甘みは強調されるわけではありませんが、よりさっぱり味わうことができるようですね。

普通に桃だけを食べるのがもったいなくなるほどおいしいと話題になった「桃モッツアレラ」という料理もあるくらいなので、桃にも塩味が合うことはご存知の方も多いでしょう。うまみを感じたあとに、ふわっと甘い後味が口の中に残るんだとか。
▼意外な組み合わせはほかにも!

ブルーベリー

フルーツと塩の組み合わせで、あまり合わないのがブルーベリー。最初は果肉の味がきちんとするものの、噛んでいくと塩味と皮の味が混ざって微妙な感じになってしまうんだとか……後味も苦さが残るという残念な結果に。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう