ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

甘酒を料理に使うとどんな効果がある?

甘酒には肉や魚に漬け込むと、質感をやわらかくする効果があります。その理由は、甘酒に酵素が含まれているため。

発酵食品である甘酒には、「プロテアーゼ」という酵素が含まれています。プロテアーゼはたんぱく質を分解するはたらきがあるので、肉や魚をやわらかくしてくれるのです。(※1)

鶏も豚も。甘酒を使う肉料理のレシピ6選

1. 漬けて焼くだけで簡単。甘酒の鶏手羽先焼き

甘酒の鶏手羽先焼きは、調味料に漬けて焼くだけの簡単なレシピです。前日に用意しておけば、当日焼くだけなので重宝しますよ。みそのコクと甘酒のやさしい甘みで味付けするため、鶏手羽先の旨味が引き立ちます。おろししょうががアクセントになり、大人の味わいになりますよ。

2. しっとりやわらかい。みそと甘酒のチキンソテー

Photo by macaroni

みそと甘酒を漬け込んで作るチキンソテーです。甘酒の作用でしっとりやわらかく、やさしい味わいを楽しめます。上手に作るコツは、肉が焼けてからたれを加えること。たれをあとから加えれば、焦げを防げます。最後にたれをからめていただきましょう。

3. 味が染みてる!鶏肉の甘酒煮

鶏肉と甘酒でごはんによく合うおかずを作りたいときは、鶏肉の甘酒煮がおすすめ。甘酒としょうゆで煮詰めるので、甘辛い味わいに仕上がります。鶏肉はふっくらで、玉ねぎはやわらかくクセになるおいしさです。ごはんの上にのせて丼にしてもいいですね。

4. 砂糖を使わずに。豚肉のみそ焼き

甘酒で作る豚肉のみそ焼きは、砂糖を使いません。甘酒の甘みで味付けするので、やさしい味わいに仕上がります。甘酒に漬け込んでおけば、やわらかい食感に仕上がりますよ。まろやかな味わいで、最後までおいしくいただけます。

5. ごはんに合う。豚こま肉とししとうがらしの甘辛炒め

甘酒とみそで味付けする、豚こま肉とししとうがらしの甘辛炒めです。具材と調味料を炒めるだけなので、失敗知らず。豚肉の旨味とみそのコクが広がって、ごはんによく合うおかずです。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずとしても活用できますね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ