素うどん・かけうどんの違い徹底解説!チョイ足しレシピやカロリーも

素うどんはお店では薬味のねぎなどが載りますが、基本的にはうどんとだしだけのシンプルな食べ物です。気になるカロリーは?地域による呼び方の違いなど徹底解説!シンプルな分奥が深い素うどんと、素うどんだからできるちょい足しレシピもご紹介しますよ!

2018年10月1日 更新

「素うどん」ってどんなもの?

素うどんとは、具材が載っていない"だしとうどんだけ"のおうどんです。お店ではメニューに「うどん」と表記されていることが多く、この場合だしとうどんだけで出てくることはなく、ねぎやかまぼこがのっていることがほとんど。

天かすを自由にのせていいよう、カウンターに準備してくれているお店もありますよね。つまり、素うどんの薬味は具材とはとらえないのでしょう。今回はそんな素うどんについて徹底解説していきますよ!

素うどんのカロリーはどれくらい?

素うどんは言うまでもなく、ゆでうどんとだしで作ります。ゆでうどんの1人前(200g)のカロリーは210kcal、3倍濃縮のめんつゆ(60cc)でだし汁240ccを作ろうとするとカロリーはおおよそ59kcalですので、素うどん1杯のカロリーは合計で約270kcalです。

ご飯1膳分(140g)では、235kcalですので、素うどんはだしを全部飲まなければご飯と同じくらいのカロリーといえますね。

「かけうどん」と「素うどん」実は同じ?

だしとうどん、ネギが浮かんだ画像を見て「これ、かけうどんだよね?」と思った方もいらっしゃいますよね。実は「素うどん」と「かけうどん」は同じ食べ物なんです。多くの料理と同じように素うどんも地域によって呼び名が違うんです。次に呼び方の地域差を解説していきますよ!

地域によって呼び方がちがう!

素うどんは主に関西地方で、かけうどんは関東地方の呼び方です。ただ、関西と関東ではうどんの味付けが違います。関西の素うどんではだし汁に薄口醤油で味付け、関東では濃い口しょうゆを使います。そういったところから厳密に素うどん・かけうどんはだしが違うと言われることもありますが、基本的には同じ食べ物といっていいでしょう。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう