6. レタスとベーコンの味噌汁

レタスにベーコン、なすが具材のちょっぴり洋風な味噌汁です。仕上げには、ピザ用チースをのせるのがポイント。ごはんはもちろん、パンにも合いそうなので、朝食にぴったりなメニューです。

7. レタスのお味噌汁

こちらはレタスをたっぷり入れていただきます。朝ごはんは、このお味噌汁とごはんだけで満足ですね。赤だしでいただいてもおいしいのではないでしょうか?赤だしの場合は、山椒を少し振りかけるのがおすすめですよ。

8. レタスの外葉と玉ねぎ油揚げのお味噌汁

厚くて硬くサラダには向かないレタスの外側の葉っぱを使ったレシピです。スーパーできれいに整えられビニールされているものではなく、テープで止められているだけの、無骨なレタスを選ぶのがポイントですね。玉ねぎは少し厚めにカットすると、食べ応えも得られますよ。

9. チーズ餃子とレタスのお味噌汁

チーズを餃子の皮で包んだものを一緒にいただくレタスのお味噌汁です。レタスのシャキシャキ食感やとろっとしたチーズリが重なって味わい深くなります。餃子の皮はかんたんに手作りできるので、手作りの皮で作れば、もちもちとした食感をアップできるかも♪

10. 残り野菜のお味噌汁

レタスのお味噌汁の神髄でしょう、冷蔵庫の中の残り物で作るお味噌汁は具だくさんで食べる側も大満足でうれしいひと品です。こちらのレシピのように根菜を入れると、お味噌汁に野菜の旨みが溶けだしてとっても深いお味に仕上がりますよ。お水から入れるだけなので、時間もさほど変わらず出来上ります。

お味噌汁の定番の具の仲間に入れよう

サラダで使った後に冷蔵庫で残りがちなレタス。少し赤くしてしまったり、外側の硬い葉の部分を捨てたりと、もったいないことをしてしまうこともしばしばでしたが、もう大丈夫ですね。 レタスのお味噌汁は、レタスだけでももちろん、一緒に入れられる相性のいい具材がいっぱい!定番のものも多く、味にクセのないレタスはお味噌汁の具材の定番になれるのではないでしょうか?手軽にできるお味噌汁ですので、ぜひいろいろな具材で試してみてくださいね。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS