甘い春野菜スナックエンドウとスナップエンドウの違いは?由来と人気の理由

春の旬野菜として人気のスナックエンドウ。調理に手間をかけなくても、スナックの様に手頃に楽しめるのが魅力です。でも、似たような名前で、スナップエンドウという野菜もありますよね。このふたつの違いって、一体なんなのでしょうか。

2018年4月5日 更新

ライター : yunkoro

趣味は旅行と読書、そしてお昼寝。ドイツ、イギリス、鎌倉、金沢、京都が好き。最近、趣味に、一眼レフとカフェ巡りを追加すべく、ちょこちょこ活動中。

スナックエンドウ って?

春の旬野菜として、人気のスナックえんどう。甘みとシャキシャキ感がクセになる美味しさですよね。どんな野菜でも、買うならもちろん、新鮮第一ですよね。スナックエンドウの見極めのポイントは、ガク! ガクが、ピンっとしっかりしており、鮮やか緑色をしていれば、確かな鮮度がある証拠。春の香りが詰まった、美味しいスナックエンドウを味わえますよ。

「スナップエンドウ」とは何が違うの?

スナックエンドウと似たような野菜で、スナップエンドウという野菜がありますよね。実は、このふたつ同じ野菜だってご存知ですか。それではなぜ、日本ではスナックエンドウとスナップエンドウ、ふたつの名前が誕生したのでしょうか。

なぜ「スナックエンドウ」と呼ばれるようになったの?

由来は「Snap garden peas」

アメリカでは、「Snap garden peas」と呼ばれているスナップエンドウ。日本はここからヒントを得て、名前を付けたそうです。単語にある、 「snap」=パチンと音を立てる 「Peas」=エンドウ豆 を掛け合わせて、スナップエンドウ。ふっくらとハリがあり、音を立てて飛び出しそうな見た目に、ぴったりのネーミングですよね。では、一体どういった経緯で、スナップエンドウがスナックエンドウに変貌し、日本に広まっていったのでしょうか。

輸入の時に起こった勘違いが原因という話も

1970年後半くらいから、輸入販売を開始したスナップエンドウ。一部の販売会社が、「スナックの様に手頃に味わえる」と聞いたことから、スナックエンドウとして名付け、販売したのが事の始まりでした。その後、誤解を招かないよう、農林水産省がスナップエンドウに統一するよう決定したのですが、未だにその名残が残っているそうです。

スナックエンドウを楽しむレシピ3選

1. ワイン好きにおすすめ!スナックエンドウのオリーブオイルディップ

軽く湯に通しただけで、ぽりぽり美味しいスナックエンドウ。オリーブオイルのディップにすることで、ワインにぴったりの時短おつまみになってくれます。ソースは、味噌とオリーブオイルをまぜたもの。バーニャカウダソースのように、ほのかな塩味が効いて、美味しいですよ。 

特集

FEATURE CONTENTS