甘い春野菜スナックエンドウとスナップエンドウの違いは?由来と人気の理由

春の旬野菜として人気のスナックエンドウ。調理に手間をかけなくても、スナックの様に手頃に楽しめるのが魅力です。でも、似たような名前で、スナップエンドウという野菜もありますよね。このふたつの違いって、一体なんなのでしょうか。

2018年4月5日 更新

スナックエンドウ って?

春の旬野菜として、人気のスナックえんどう。甘みとシャキシャキ感がクセになる美味しさですよね。どんな野菜でも、買うならもちろん、新鮮第一ですよね。スナックエンドウの見極めのポイントは、ガク!

ガクが、ピンっとしっかりしており、鮮やか緑色をしていれば、確かな鮮度がある証拠。春の香りが詰まった、美味しいスナックエンドウを味わえますよ。

「スナップエンドウ」とは何が違うの?

スナックエンドウと似たような野菜で、スナップエンドウという野菜がありますよね。実は、このふたつ同じ野菜だってご存知ですか。それではなぜ、日本ではスナックエンドウとスナップエンドウ、ふたつの名前が誕生したのでしょうか。

なぜ「スナックエンドウ」と呼ばれるようになったの?

由来は「Snap garden peas」

アメリカでは、「Snap garden peas」と呼ばれているスナップエンドウ。日本はここからヒントを得て、名前を付けたそうです。単語にある、

「snap」=パチンと音を立てる
「Peas」=エンドウ豆

を掛け合わせて、スナップエンドウ。ふっくらとハリがあり、音を立てて飛び出しそうな見た目に、ぴったりのネーミングですよね。では、一体どういった経緯で、スナップエンドウがスナックエンドウに変貌し、日本に広まっていったのでしょうか。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yunkoro

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう