ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

夏のお弁当に入れたいおかずレシピ10選

1. アレンジ豊富「基本のきんぴらごぼう」

きちんと加熱、味付けがされたきんぴらごぼうは夏の弁当箱の中でもおいしく食べることができます。甘くしたり、少ししょっぱくしたり、辛く味付けたりと好みに合わせてできるので、毎日お弁当に入っていても飽きませんね!にんじんやれんこんなどと一緒に炒めたり、ごま油を使ってアレンジすると風味も増します。

2. 夏のお弁当に最適!「梅しそご飯」

夏になるとさわやかで少し酸味があるものを食べたくなったりしませんか?風味はさわやかで、蒸し暑いお昼に食べるにはちょうどいい味付けですよね!

3. みょうがときゅうりでさっぱり「きゅうりとみょうがの塩もみ」

味もさることながら、見た目も華やかで、お弁当に入っていると見た目をパッと華やかにしてくれるみょうが。きゅうりと塩もみすることで、新しい味に生まれ変わります。 こちらは塩、お酒とシンプルな調味料だけでつくれるレシピ。ごま油で和えて中華風にしたりとアレンジも楽しめます。食欲そそるひと品になりそうですね!

4. 定番の男子ごはん「洋風豚の生姜焼き」

いつもの生姜焼きをマーマレードジャムを使って洋風アレンジに。しめじとマーマレードの甘さも、意外ですがさわやかに仕上がっていて最高のコンビネーション。新しいレシピのひとつとして、今年の夏は作ってみてもいいですね!

5. 大人気のお弁当おかず「ひとくちから揚げ」

爪楊枝をさして、ひと口で食べられるから揚げ。しっかりと加熱、火を通すことが前提の料理なので、夏場の弁当おかずとしても作ることができます。下味にすりおろした生姜を揉み込みます。仕上げにレモン汁や中華ソースをかけると、弁当でもおいしいから揚げの出来上がり♪ ドレッシングなどをかける場合には、食べる直前にかけるようにしましょう。

6. 酢のさっぱり「ピクルス」

酸っぱくてさっぱりしたものが食べたい夏。自家製ピクルス液で、オリジナルのピクルスを作ってみるのはいかがですか?きゅうりやパプリカ、にんじんなど元気なカラーのお野菜をつけておくとお弁当箱に詰めるのが楽しくなります♪ ピクルスを漬けたことがないという人も、ピクルス液の作り方は案外かんたんなのですぐにできます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS