ライター : mkmog

管理栄養士 / 食生活アドバイザー / デリカアドバイザー

育児に奮闘中ながらも子どものいる生活に癒されています。おいしいもの、ゆったりとした暮らしが好きです。

豚のハツ、下ごしらえのやり方は?

まずは豚ハツの下ごしらえから。かたまりのものは筒状の箇所をいくつか縦に切って、血を洗い流します。食べやすい大きさに切り、たっぷりめの塩でもみ洗いしてから冷水にさらして血抜きします。モツが好きな方は30分ほど。苦手な方はたっぷりの冷水で一晩浸けましょう。スライスで売ってあるものは血抜きはしてありますが、気になる場合は塩水でもみ洗いして冷水に浸けましょう。縮むので、少し厚めに切るのがポイントです♪

豚ハツの煮込みレシピ5選

1. 豚ハツのウスターソース煮

豚ハツと、玉ねぎ、にんじんなど手に入りやすい食材でできる煮物です。味付けも塩こしょうと、ウスターソースというシンプルさでうれしいですね!ウスターソースで味付けすることによって、スパイシーに仕上がるのが特徴です♪お好みの野菜にもアレンジできそうですね。

2. 豚ハツと蒟蒻の生姜煮込み

おろし生姜の香りが食欲をそそるひと品。煮立たせた調味料にこんにゃくと豚ハツを加えるだけなので、簡単に作れておつまみにもピッタリです♪ 煮汁が少なくなるまで煮詰めましょう。お好きな方は七味を多めにかけてピリ辛に。ついついお酒もすすんでしまいそうですね。

3. 豚ハツのトマト煮込み

もちろん洋風の料理にだって豚ハツは使えます。にんにくの香りが効いているので、モツ初心者の方もおいしくいただけるはず。ごはんのおかずだけでなく、パンやパスタとの相性も抜群♪お好みでバジルや生クリームを加えたり、耐熱皿に盛って、チーズをかけてオーブンで焼くとさらにおいしいですよ!

4. 豚ハツの甘辛煮

シャキシャキした生姜と、豚ハツの食感が楽しめる甘辛煮。水あめはなくても砂糖で代用できます。てりっとした仕上がりで、ごはんもすすみますね♪ 豚ハツは軽くゆでて、余分な脂を取っておくのがポイントです。こってり煮詰めても、煮汁を残してもおいしくいただけます。

5. 豚ハツ鍋

スタミナがつきそうな豚ハツを使った鍋。醤油ベースのあっさりとしたスープなので、野菜もアレンジできそうですね。スープはお味噌ベースでもおいしそうです。鍋に入れて食べる場合も、下茹でをしておきましょう。ちょっと身体が疲れた日にはたっぷりの野菜と一緒に食べるのもいいですね!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS