5. クレープ生地とクリームを重ねる

Photo by lanne_mm

クレープ生地が完全に冷めたら、クレープ生地を1枚置き、クリームを塗り広げます。外側は少し残して塗り広げるのがポイントです。この工程をクレープの枚数分繰り返します。

Photo by lanne_mm

中心はクリーム厚め、外側を薄めにするときれいな形に仕上がります。余分なクレープ部分があれば、包丁で切り取りましょう。

6. 冷蔵庫で冷やす

Photo by lanne_mm

一番大きなクレープ生地を上から被せます。ラップをかけ、冷蔵庫で冷やしてクレープ生地とクリームを馴染ませます。

7. 盛り付け

Photo by lanne_mm

お好みの大きさにカットしたら皿に盛り、粉砂糖をかけます。カットするときは、包丁を温めてから切ると、きれいな断面に切ることができます。

シンプルなミルクレープなので、いちご、ブルーベリー、キウイフルーツなどのフルーツを一緒に添えてもおいしいですよ。

作るときのコツ

クレープ生地は、ザルでこしてください。ダマを取り除き、なめらかな生地にすることができます。

焼くときの火加減は、中火がおすすめです。弱火だと生地に焼き色がつかず、強すぎると生地が広がる前に固まってしまい薄いクレープ生地を焼くのがむずかしいです。

ミルクレープ生地の作り方3選

1. おやつにも朝食にも使える。クレープ生地

甘さが控えめのクレープ生地は、さまざまな具材と相性抜群です。おやつだけではなく、朝食にも使えますよ。おいしく作るポイントは、生地をしっかり寝かせること。材料が馴染んで、食感が軽く仕上がります。

2. しっとりとした仕上がり。米粉のクレープ生地

米粉でクレープを作るのもおすすめです。バターの代わりに植物油を使うので、しっとりとした食感に仕上がります。お好みのフルーツやクリームを包んで召しあがれ。ラップサンドのように作ると、朝食やランチにも食べやすいですよ。

編集部のおすすめ