レンジでチンで理想のパスタにする方法!おすすめ商品も知りたい

パスタ作りは茹で作業が難関のひとつ。茹で加減の調節が大変で、大量のお湯を沸かしたり、パスタを入れたあとはずっと鍋についていなきゃいけないなど、面倒なことが多いですよね。電子レンジで作るパスタなら、そんな悩みもなくなります♪

電子レンジでパスタを茹でる方法

用意するもの

電子レンジ対応の耐熱容器

スパゲティのような細長いパスタを折らずに茹でることができます。ガラス製は重いので、電子レンジに入れる時や取り出す時には細心の注意が必要です。

サイズもさまざまなので、1人前のパスタを茹でたり、2〜3人前のパスタを茹でる時にも重宝します。水が入っていると、バランスがよくないので、湯切りの際は気をつけてください。

ボウル型は深さはありますが、幅がパスタの長さに足りない場合があります。その時はパスタを折る必要があります。

くっつき防止のオリーブオイル

こちらは、なくてもOKですが、あるととても便利です。茹で上がったパスタは、少し置いておくとパスタ同士がくっつき皿に盛り付けにくくなりますし、食べる時にも不便です。湯切りしたパスタに、軽くオリーブオイルを絡めるだけで、パスタからの水分を逃さずパスタ同士のくっつきを防ぎ、パスタがのびにくくなります。

手順

1. パスタは1人分を用意します。
2. パスタが入る耐熱容器(※)にパスタを入れて、パスタがかぶるくらいの水を入れて塩を小さじ1入れます。
3. 電子レンジで温めたら、一度取り出して、硬さを確認してOKなら、オリーブオイルをからめて完成です。(取り出してパスタがまだ硬いと感じたら、さらに加熱してください)
※耐熱容器が小さい場合は、パスタを2つ折りにして入れてください。

ベストな時間は?失敗しないコツ!

袋表示の時間+◯分がベスト!

鍋でパスタを茹でる時には、パスタの袋に表示されている時間を目安に茹でますが、電子レンジで茹でる時には一体どうしたらいいのでしょうか。袋に表示されている時間を目安にする、というところまでは一緒です。その目安時間+○分というのがポイントなのです。

電子レンジでパスタを茹でる時に、1人分(100g)は、
500wで「袋表示の時間」+5〜6分 
600wで「袋表示の時間」+4〜5分
このように、電子レンジのワット数によっても変わってくるので、電子レンジのワット数を確認してください。

失敗しないコツ

浅すぎる容器

耐熱容器の深さが浅すぎると、加熱中に水が吹き出して電子レンジ内に飛び散ることがあります。パスタと水を入れた時、容器のぎりぎりになってしまうようなものは避けてください。

人数に合わせた容器選び

パスタを茹でるための電子レンジ調理器は、主に1〜1.5人前のパスタを茹でる用に作られています。面倒だからとこのような容器で、2人前のパスタを茹でようとすると、十分な水の量が足りなくて、パスタの仕上がりが硬くなったりと思うように茹でることができないので注意してください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

cestalavie

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう