ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

4月29日はナポリタンの日!

Photo by muccinpurin

毎年4月29日はナポリタンの日!(※)ということでこの記事では、“究極のナポリタン” を作るべく、ナポリタンのプロ集団である「日本ナポリタン学会」の会長が推奨するレシピを元に、macaroni 編集部が忠実に再現。

このレシピはなんと、会長がイベント等で提供した累計3,000食ほどのなかでたどり着いたものです。

簡単なようで実は奥が深い、一度ハマると抜けられないナポリタンの魅力とおいしい作り方をお伝えします!

※カゴメ株式会社が制定

教えてくれた人

日本ナポリタン学会・会長 田中 健介さん
週に5回はナポリタンを食す。ときには “ナポリタンハシゴ” をすることもある、究極のマニア。著書『麺食力』(2010年アップロード刊)、星羊社「はま太郎」、リクルートHOT PEPPER「メシ通」などを執筆。

レシピの前に確認!おいしく作る3つのコツ

会長いわく、ナポリタンをおいしく作るにはとにもかくにも「炒め」が鉄則だそう。ケチャップの水分が飛んで軽く焦げることで香ばしさや懐かしさを醸し出します。

たしかに、炒めているときのケチャップのちょっと焦げたような香り、食欲をそそりますよね。そのほかにも、3つのコツがあるようで……。

その1. スパゲッティはゆでてひと晩寝かせるべし

麺の中心までしっかり水分を行き渡らせるため、食べる前日に麺をゆでて冷蔵庫でひと晩寝かせておきます。田中さんいわく、麺に味がつきやすくなり、日本人好みのもっちり感が出るとのこと。

その2. 水を加えて炒め、乳化を促すべし

スパゲッティを加えて炒める際、水をひと回しすることで油と水分が乳化し、味がまとまるのだそう。麺がα化され、もちもち感のアップにもつながります。

その3. トマトケチャップは豪快に使うべし

ナポリタンの味を左右すると言っても過言ではないケチャップは、惜しみなく使うのがおいしいナポリタンを作る秘訣。多めのトマトケチャップをしっかり炒めることで甘みを引き出し、香ばしさを生み出します。
Photos:14枚
皿に盛られたナポリタン
コック帽をかぶった男性
ボルカノスパゲッチ2.2mmmトマトケチャップ
スパゲッティ、トマトケチャップ、水、マッシュルーム、バター、ウインナーソーセージ、ピーマン、玉ねぎ
くし形に切った玉ねぎ、細切りのピーマン、マッシュルーム、食べやすいサイズに切ったウインナー
白いホーローバットに入ったスパゲッティの麺
ピーマン、玉ねぎ、マッシュルーム、ウインナーが入ったフライパン
ケチャップと具材を合わせる様子
スパゲッティを加えて炒め合わせる様子
スパゲッティにケチャップを加えた様子
完成したナポリタン
皿に盛られたナポリタン
粉チーズをかけたナポリタン
ナポリタンを引き上げている
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ