レンジでチンで理想のパスタにする方法!おすすめ商品も知りたい

パスタ作りは茹で作業が難関のひとつ。茹で加減の調節が大変で、大量のお湯を沸かしたり、パスタを入れたあとはずっと鍋についていなきゃいけないなど、面倒なことが多いですよね。電子レンジで作るパスタなら、そんな悩みもなくなります♪

2018年5月18日 更新

人数に合わせた容器選び

パスタを茹でるための電子レンジ調理器は、主に1〜1.5人前のパスタを茹でる用に作られています。面倒だからとこのような容器で、2人前のパスタを茹でようとすると、十分な水の量が足りなくて、パスタの仕上がりが硬くなったりと思うように茹でることができないので注意してください。

1〜4人前茹でられるファミリーサイズの容器もあるので、選ぶときには人数に合わせてお選びください。

湯切りしやすいものがおすすめ

レンジで茹でた後の湯切りは、気をつけていないと大火傷などにつながります。耐熱容器はなるべく湯切り機能がついたものか、湯切りしやすいよう工夫された容器を使うようにしてください。

専用容器ならさらに便利!

パスタを電子レンジで茹でる場合には、専用調理器が断然おすすめです。その理由は3つ。
1. 調理できる分量がわかりやすい
2. 湯切り機能がついている
3. 1人前を計ることができる

普通の耐熱容器は、1人前のパスタを茹でるための水の量や茹で時間などがあやふやだったりします。専用容器なら水の量や茹で時間がはっきりしているのでうまく仕上げることができます。

蓋をしっかり閉めた後に、湯切り穴から湯切りできるので、湯切り作業が簡単で安全です。

おすすめの専用容器5選

1. ファミリー用にも使える『レンジでパスタ』

1〜4人前のパスタを一度に茹でることができ、家族みんなで食べるパスタ料理のときや手早くレトルトパスタを作る時に便利です。レンジから取り出す時に、持ち手部分が熱くならないのもおすすめポイントです。

2. 広めの容器で安定感のある『スケーター電子レンジ調理器』

広めの容器でとても安定感があります。水が入った状態での電子レンジへの出し入れも容易。容器が丸み帯びているので、洗いやすく、心配な角の洗い残しもありません。

3. 蒸し野菜にも使える『麺クイック』

電子レンジでパスタを茹でるのに使用するのはもちろん、コーンやじゃがいもなどの野菜を茹でる際にも使用できます。大きめの湯切り口はスライド式になっていて、使うときだけ開けるので、食べ物のストックにも使えます。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

cestalavie

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう