炊飯器で作るアレンジお粥レシピ5選

6.体の中からキレイになれそう「もち麦豆乳粥」

あっさりな味わいの豆乳を合わせてクリーミーに。味付けは鶏ガラスープとごま油で中華風です。卵の黄色やトッピングの三つ葉、クコの実などの色合いもキレイで食欲を誘いますね♪食べ応えのあるもち麦の、ぷっちりもちもちとした食感もクセになってしまいそうです。

7. 雑穀入り「参鶏湯風お粥」

女性には特に人気の、韓国の薬膳料理「参鶏湯」をお粥にアレンジ!レシピに使う松の実やクコの実もスーパーの中華食材コーナーで売っていることが多いので、ぜひ探してみてくださいね。スープ粥タイプなのでお米が少なめでも満足しやすく、食事の量が気になるときにもオススメです。

8. がっつりお肉でもあっさり「ソルロンタン風粥」

牛肉入りのソルロンタンは、韓国の朝ごはんの定番メニュー。なんだか1日のパワーがみなぎってきそうですよね!もちろん朝ごはんや夜ごはんにもピッタリです。お野菜もいろいろ入れてアレンジできますよ。サラサラ食べれるので、忙しいときにもおすすめです。

9. 旨みがたくさん「ふわふわ卵とたっぷりきのこのお粥」

ブイヨンと粉チーズの味わいにきのこの香りがたっぷり。忙しい朝でも優雅な気分になれそうな、リゾット風のお粥です。卵は入れたあとすぐに混ぜず、しばらく放置してから混ぜ合わせるのがふんわりと仕上げるためのポイント。お好みでブラックペッパーやバターをトッピングしてもおいしく食べられます。

10. シンプルだけどおいしい組み合わせ「洋風ハム粥」

市販のおだしやコンソメの風味に、玉ねぎとハムの旨みを溶け込ませた洋風お粥です。少しだけ入れる白ワインのおかげで、ほんのりと酸味が加わりサッパリ。香りもよくなって、さりげなくワンランク上の味わいに仕上がります。ハムがなければスパムやベーコン、ウィンナーでも代用できますよ♪

お粥ってすごい!

定番からアレンジしたレシピまでざっと紹介してみましたが、いろいろなお粥がありましたね。禅語に「粥有十利」という言葉があり、「お粥を食べることは心身の健康に10の利益がある」という意味だそう。昔からお粥は注目されていたんですね。 体の具合がよくないときだけではなく、日常的にどんどん食卓へ取り入れてみてはいかがでしょうか♪ぜひ活用してみてくださいね。
▼お粥のレシピはこちらも!

特集

FEATURE CONTENTS