ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

いもきんとんの基本レシピ

Photo by 長曽我部 真未

調理時間 60
お正月に定番のきんとん。栗を入れずに、さつまいもだけで作るレシピです。やさしいさつまいもの味わいが、ほっこり懐かしい気持ちになります。栗の甘露煮を加えて、栗きんとんにアレンジもできますよ。

黄金色の秘密は、さつまいもの下処理とくちなしの実を使うこと。ぜひ覚えておきたいポイントです。この2つをおさえて、黄金色のきれいないもきんとんを作りましょう。

材料(4〜5人分)

Photo by 長曽我部 真未

  • さつまいも 2~3本
  • 砂糖 大さじ3杯弱(25g)
  • みりん 大さじ2杯
  • くちなしの実 1個

コツ・ポイント

  1. さつまいもの皮は、厚めにむいてください。黒い部分が残っていると、くすんでしまいます。切ったらそのつど、水にさらしてアクを抜きましょう
  2. ツヤやかな色にするためには、さつまいもを練るときに、強めの火ですばやく練りあげるのがコツです。
  3. なめらかに仕上げるためには、裏ごしは必須。手間はかかりますが、その分とろけるようななめらかさを味わえますよ。

作り方

1.さつまいもを切る

ボウルに入ったカットしたさつまいも

Photo by 長曽我部 真未

さつまいもは厚めに皮をむき、1.5cm幅に切ります。大きいときは、半月切りにしましょう。アクが出て変色しやすいので、切ったらそのつど、水をはったボウルに入れてください。2〜3回水を変えながら、30分ほど水につけ、あく抜きをします。

2.くちなしの実を割る

机に置かれた割れたくちなしの実とガーゼ

Photo by 長曽我部 真未

くちなしの実を包丁の柄やあごで割って、お茶パックやガーゼで包みます。

3.さつまいもをゆでる

鍋にさつまいもとくちなしの実が入っている

Photo by 長曽我部 真未

さつまいもは水を切り、さっと洗います。鍋にさつまいもとくちなしの実を入れ、かぶる程度の水を入れてください。水を入れすぎてしまうと、せっかくのくちなしの黄色が薄くなりますので、入れすぎには注意しましょう。中火にかけ、沸騰したら弱火にし、さつまいもがやわらかくなるまで煮ます。
鍋に入った黄色いさつまいも

Photo by 長曽我部 真未

どんどんゆで汁が黄色くなっていきます。竹串をさして軽くスッと通ったらOKです。ザルを使い、ゆで汁を捨てます。 きんとんのかたさを調整するために、ゆで汁をあとで使うかもしれません。ゆで汁は少し取っておいてください。

4.さつまいもを裏ごしする

ザルでさつまいもを裏ごししている様子

Photo by 長曽我部 真未

さつまいもが熱いうちに、ざるで裏ごしします。つぶ感を残したい場合は、マッシャーやすりこぎ、フォークの背、ハンドブレンダーなどで潰してください。 少しゆで汁を残したまま鍋の中で潰し、そこから裏ごしすると、作業しやすいですよ。

5.さつまいもを練る

ボウルに入れていもきんとんを作っている様子

Photo by 長曽我部 真未

鍋に裏ごししたさつまいも、砂糖、みりんを入れ、火にかけます。強めの火ですばやく練っていきます。焦げないように注意しましょう。ツヤやかな色になれば完成です。砂糖は、さつまいもの甘みで変わってくるので、様子を見ながら調整してください。

茶巾包みのやり方

Photo by 長曽我部 真未

いもきんとんは、茶巾包みにするときれいに仕上がりますよ。茶巾包みは、いもきんとんをガーゼやラップの上にのせて、絞ったように包んでいくだけです。ラップの端をねじって成形すると簡単ですよ。いもきんとんを成形して盛り付ければ、おもてなしにもピッタリです。

日持ちは?いもきんとんの保存方法

Photo by 長曽我部 真未

手作りのいもきんとんは、冷蔵庫で2日ほど保存が可能です。すぐに食べきれない場合は、常温で保存するのではなく、ラップに包んだり保存袋に入れたりして冷蔵庫へ。茶巾包にしてから、冷蔵庫に入れておけば、そのまま盛り付けるだけでOKです。

冷凍はできる?

いもきんとんは冷凍保存もできます。ラップに包んでから、保存袋に入れて冷凍庫に。3週間ほど保存が可能です。冷凍したいもきんとんを食べる際は、冷蔵庫に移して自然解凍してください。

編集部のおすすめ