どんなお料理に使えるの?「中力粉」を使ったおすすめレシピ15選

薄力粉と強力粉の中間の性質をもつ中力粉。どんなお料理に使ったらいいかわからない方もいるかもしれませんね。今回はそんなあなたのために、中力粉を使ったレシピを15選集めました。王道のパンからケーキ、スイーツのレシピまでご紹介しますよ。

中力粉とは?

中力粉ってどんな粉?

そもそも、中力粉とはどんなものなのでしょうか?薄力粉や強力粉よりも使われる機会が少ないので、あまり聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれませんね。中力粉は読んで字のごとく、薄力粉と強力粉の中間的な性質をもつ小麦粉のこと。たんぱく質の多い硬質小麦とたんぱく質の少ない軟質小麦の、中間質の小麦が使われています。

強力粉と中力粉、そして薄力粉の違いがわかれば、お料理をするときに上手に使い分けることができそうですよね。今よりもお料理上手になるのも夢じゃないかもしれません!では次は、その3つの小麦粉違いを見ていきましょう。

中力粉と薄力粉、強力粉の違い

強力粉、中力粉、薄力粉の違いとは一体何でしょうか?それはズバリ、グルテンの含有量なんです。グルテンとはたんぱく質の1種で、これがどのくらい含まれているかによって名前が代わってきます。

強力粉は、粘りを活かしてパンやピザなどもっちりとした食感が必要なお料理に使われます。逆に薄力粉はお菓子やお好み焼き、てんぷらの衣など、あっさりと仕上げたいときにぴったり。中力粉はその中間。主にうどんやドーナツなどに使われています。

中力粉で作るパンレシピ5選

1. 蒸しパン

最初にご紹介するのは、ふわふわの蒸しパンレシピ。いろいろなフレーバーのものを作ることができますが、こちらのレシピは抹茶ミルクフレーバーにレーズンをプラスした、大人のための蒸しパンです。お砂糖代わりのハチミツが、優しい甘みを感じさせてくれますよ。朝ご飯にもぴったりなひと品ですね♪

2. 食パン

食パンというと強力粉のイメージが強いメニューですが、実は中力粉を使っても作れちゃうんです!全粒粉を使っているので、独特の香ばしさと歯ごたえがたまりません。ふんわりと膨らんだパンの表面は、どこか愛くるしささえたたえているように見えますね。バターを塗るだけでシンプルに食べてもおいしくいただけそう。

3. フランスパン

フランスパンというと、こちらのバゲットを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。なんとこのバゲットも中力粉で作れるというのですから驚きですね。シンプルな材料だけで作れるので、思い立ったらすぐにチャレンジできるのも魅力的なポイントです。焼きたてを頬張っちゃいましょう!

4. くるみとチーズのフォカッチャ

フォカッチャは、もっちりとした食感が特徴的なイタリア生まれのパン。こちらはくるみとチーズがごろごろと入った食べごたえのあるメニューに仕上がっています。ワインにもぴったりなので、お食事やおやつとしてはもちろんのこと、おつまみとしてもおいしくいただけそう。お手軽につまめるのも魅力的です。

特集

SPECIAL CONTENTS