砂抜き&塩抜きも簡単!「はまぐりのお吸い物」の基本レシピ

はまぐりのお吸い物は、縁起物としてひな祭りやお祝いの席での定番料理です。今回は、はまぐりの下準備「砂抜き・塩抜き」から、お吸い物の作り方まで詳しくご紹介します。作り方は意外に簡単、お手軽レシピ3選と合わせてご参考にしてくださいね。

はまぐりの塩抜き方法

ざるの中のはまぐり

Photo by suncatch

お吸い物を作る前に、はまぐりの下準備「砂抜き・塩抜き」をしましょう。ひと手間かけることで、お吸い物のを口にしたとき、貝に残っていた砂がジャリッとしたり、はまぐりの身がしょっぱいなどの残念なハプニングが防げます。

材料(2~3人分)

テーブルに並べられたはまぐりの塩抜きの材料

Photo by suncatch

・はまぐり……6個
・塩……大さじ1杯
・水……500cc

※上記の塩と水の割合で、海水と同じ塩分3%の塩水になります。

手順

白いボールの中の塩水

Photo by suncatch

1. 水に塩を溶かします。水は常温(15~20℃)にします。手で触って冷たさを感じない程度が目安です。
ざるの中のハマグリ

Photo by suncatch

2. 空のボウルにザルを重ねます。これは、吐き出した砂を貝が再び吸わないようにするためです。はまぐりを重ならないように並べ、1の塩水をひたひたに注ぎます。貝が完全に浸からないようにしましょう。
フタをされた鍋

Photo by suncatch

3. 新聞紙や鍋のフタなどでフタをして、薄暗い場所に2〜3時間置いておきます。
ざるの中のはまぐり

Photo by suncatch

4. ザルを上げて、砂抜きは完了です。はまぐりはアサリにくらべてもともと砂をほとんど含んでいない場合があるので、砂が落ちていないこともあります。
白いボールの中のはまぐり

Photo by suncatch

5. 貝殻どうしを軽くこすり合わせるようにして、はまぐりの表面を水道水で洗います。強くこすると貝殻が割れる場合があるので気をつけましょう。
ざるの中のはまぐり

Photo by suncatch

6. 仕上げの「塩抜き」をします。ボウルにザルを重ねたらはまぐりを並べ、新聞紙や鍋蓋をのせて薄暗い場所に1時間置くだけです。はまぐりが海水を吐き、しょっぱさが取れます。水のない場所でストレスを感じることで、はまぐりのうまみがアップします。

コツ

・砂抜きは、はまぐりが海の砂の中で活動している状態に近づけるのがポイント。海水に近い塩分3%、水温15~20℃、薄暗い状態にしておくのがベストです。

・塩抜きは放置しておくだけでOKですが、はまぐりが吐いた海水が飛び散ることがあるので、ボウルやザルに入れてフタをしておきましょう。

・砂抜きするとき、空気のほとんどない密閉容器に入れ長時間置く、8時間以上置くと、塩水が汚れて貝が弱り傷む原因になるので気をつけましょう。

・夏の室温が高い時期は、大きめのザル付き密閉容器に入れて、野菜室で砂抜き・塩抜きするとよいでしょう。

はまぐりのお吸い物の作り方

茶碗の中のはまぐりのお吸い物

Photo by suncatch

特集

SPECIAL CONTENTS