ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

冷蔵庫に入れるとバナナが真っ黒に……

バナナは植物ホルモンの一種であるエチレンガスを出し、自らの熟成を進める果物です。未熟な青い状態で収穫されるバナナは、追熟することで食べられるように。成熟期を過ぎるとエチレンガスの放出量が減るため、熟すスピードは自然と抑えられていきます。

バナナを冷蔵庫に入れて保管し、黒くなってしまった経験はありませんか。原因のひとつは、ほかのフルーツかもしれません。大量のエチレンガスを放出するりんごやメロン、アボカドなどが一緒に冷蔵庫内に入っていると、そのガスによって追熟が進み、黒くなることがあります。

さらに、バナナは熱帯性のため、冷気に弱い果物。10℃以下の冷蔵庫に入れるとストレスを感じ、不飽和脂肪酸が大量に増えて細胞が破壊されます。酵素の働きが活性化しポリフェノールが発生して品質が劣化する、いわゆる低温障害になってしまい、真っ黒になるというわけです。

バナナは常温保存が一番いいの?

バナナスタンドでの常温保存がおすすめ

熱帯性の果物であるバナナは、常温保存が基本。ただそのまま置いて保管すると、地面に接している部分に自重で負荷がかかり、黒ずんだり傷んできたりします。ポリ袋をはずしたら、風通しのいい場所で吊るして保存するのがベスト。青果店の店頭で、吊るして売っているバナナを見かけたことはあるかもしれません。

家庭での常温保存に役立つのが、バナナスタンドです。ひと房のバナナを吊るしておける簡単なものが主流で、値段も手頃なものが多くあります。直置きするよりも保存期間が長くなるため、利用するといいでしょう。

常温保存する場合の賞味期限

バナナの保存は、14~20℃が適しています。室内温度が25℃以下の場合は、常温保存でOK。20℃前後の場合、直置きすると3~4日、房のままスタンドに吊るすと4~5日、1本ずつ吊るせるスタンドを使うと1週間ほど保存できますよ。

ひと房になっているバナナを1本ずつ切り離すと、お互いが出すエチレンガスの影響を受けにくくなり、追熟するスピードが落ちてさらに日持ちします。バナナスタンドには1本ずつ離して吊ることのできるタイプもあるので、探してみてはいかがでしょうか。

ITEM

不二貿易 木製バナナツリー ボヌール

¥895〜

サイズ:幅17×奥行14×高さ29.5cm 本体重量:0.5kg 材質:ラバーウッド(ラッカー塗装) 生産地:ベトナム

※2021年5月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

冷蔵庫でもおいしく保存可能するには?

おいしく冷蔵保存する方法

常温保存が一番いいバナナですが、室温が25℃を超えると傷みやすくなります。30℃を超えたら、冷蔵庫で保存するのがおすすめ。バナナは房から1本ずつに切り分けて新聞紙で包んでおくと、冷蔵庫内の冷気に触れることなく、低温障害を防止できますよ。

さらに1本ずつラップで包んだり、ポリ袋に入れて口を輪ゴムで閉じたりすると、ほかからのエチレンガスの影響を受けにくくなります。また梱包用クッションシートや、アルミホイルで包んでもOK。おいしさを保つのに、とても効果的ですよ。

編集部のおすすめ