今から飲むの、大丈夫?「ビール」の賞味期限&過ぎたものの活用法

お中元などでいただいたり、箱買いすることの多いビールですが、実はビールにも賞味期限があるのです。いつのビールなのか忘れてしまって、飲んでいいものか悩んだことはありませんか?今回は、そんなお悩みを解決します!賞味期限切れの際の活用法も◎

ビールの賞味期限

お店で売られている食品には「おいしく食べられる期間の目安」を示す賞味期限か、もしくは「安全に食べることができる期間」を示す消費期限のどちらかが記載されています。一般的に保存の効かない食品には消費期限、長期保存が可能な食品には賞味期限が記載されることが多いようです。

ビールは原料である麦芽が発酵してできるもの。できたてにはできたての、発酵がすすんで熟成されたものには熟成されたものの風味があり、なかには年代物のビールもあるんですよ。

賞味期限は製造から9ヶ月

国内のビールは新鮮、爽快、のどごしの良さが身上。ビールはできたてがもっともおいしく、日がたつごとにその風味が失われていきます。そのため、国内メーカーのビールは賞味期限を9ヶ月で統一しているんです。

缶ビールは缶の底に、瓶ビールなら側面に貼られているラベルに、賞味期限が表記されています。

賞味期限切れのビールは飲める?

ビールは栓を開けない限り、腐敗することはありません。そのため、賞味期限が過ぎたものを飲んでも、即座に体に害を及ぼすことはないでしょう。ただし、無害であることと、飲んでおいしいということは、別の話です。

賞味期限切れビールの変化

きちんと保存していても、ビールは日数の経過とともに、どんどんその風味が落ちてきます。缶ビールよりも瓶ビールのほうが変化が早いようです。一般的に、賞味期限が過ぎたビールは酸味を強く感じたり、泡立ちが悪かったりと、おいしく飲めないことがあるようです。

いつまでなら大丈夫か

どれくらいの期間おいしく飲めるかといえば、もちろん賞味期限内がベスト。そこからはどんどん風味が落ちてくるので、なるべく早く飲み切りたいですね。

目安としては、缶ビールなら半年、瓶ビールなら3ヶ月以内。これを過ぎると味わいが損なうだけでなく、場合によっては腹痛の原因にもなりかねません。ビールはやはり、賞味期限内に飲むのが一番ですね。

ビールの最適な保存方法

保存場所のポイント

ビールにとって最大の敵は日光と熱。しかるべき方法で保存するには、そのふたつを避けた場所で保管するのがおすすめです。直射日光の当たるベランダや、熱のこもりやすい車のトランクに入れっぱなしは避けましょう。ビールそのものの変質はもちろん、瓶が割れたり、缶が割けたりという可能性もあるため危険です。

また、灯油や洗剤などにおいの強いものの近くも避けたほうが無難です。においが移る可能性があるためです。漬物や塩、醤油の近くも、塩分で缶が腐食することがあるので要注意。

冷蔵庫に入れるときに注意したいこと

一般的なビールの保管場所は冷蔵庫ですね。ただし、低温で遮光性の高い冷蔵庫内に保管していても、安心してはいけません。

冷蔵庫に長く入れっぱなしにしておくと、ビールが部分的に凍ることがあります。これはビールの成分が部分的に凍結してしまうため。飲んでも害はありませんが、風味は格段に落ち、おいしく飲むことができません。

ビールは紙に包むか箱に入れ、気温が10~13℃に保たれる冷暗所で、静かに保管するのがおすすめです。

飲み切れなかったビールの活用方法

飲んでもおいしくない賞味期限切れのビールは、思い切って別のことに利用しましょう。実は、ビールにはさまざまな活用方法があるのです。

キッチンまわりの掃除

ビールに含まれるアルコールや炭酸には、油汚れを溶かして拭き取りやすくする効果があります。炭酸が抜けてしまったものでも試す価値はあるので、飲めなくなってしまったビールを使ってみてください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yuco_1111

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう