7. キノコのバルサミコソテー

「キノコのバルサミコソテー」は、甘酸っぱく仕上げたソースが特徴的なレシピ。さっぱりと食べられると人気です。ベーコンを加えてみてもOK!ニンニクなのでしっかりとした味がついているので、冷えてもおいしい♪お手軽に時間をかけることなくできるので、お弁当のおかずとしてもばっちりです。

8. ブロッコリーとキュウリのわさマヨ胡麻和え

ブロッコリーとキュウリを胡麻入りのわさびマヨネーズで和えたレシピ。わさびがピリリと効いていて食欲を増進されてくれます。赤パプリカを入れることで色合いも鮮やかに。おいしく仕上げるコツは、きゅうりをしかり絞って水気をきっておくこと。そうすることで、ドレッシングを和えてから水分が出にくくなります。

9. ほうれん草の胡麻和え

胡麻をたっぷり使って作ったレシピ「ほうれん草の胡麻和え」。水っぽくならないので、お弁当のおかずに入れておいても安心できます。お弁当の栄養価をアップさせてくれるレシピ。ほうれん草は長い時間茹でず、さっと茹でるようにするのがコツです。

10. カラフルピーマンのソテー

市販の焼き肉のたれを使って味付けする、簡単レシピ「カラフルピーマンのソテー」。緑色のピーマンと赤パプリカを使用するので、その名前の通りのとてもカラフルなひと品になります。弁当のなかに入れると、それだけでちょっと華やかな雰囲気に。仕上げに、白ゴマを散らしたら完成です。

鮭弁当の詰め方アイデア4選

1. いろいろな種類のおかずをバランスよく!

鮭だけでなく、いろいろなおかずをバランスよく詰めたお弁当。さまざまな食材から栄養が取れる、シンプルでヘルシーな詰め方です。お弁当箱は二段のものが詰めやすくておすすめ。ご飯には、ふりかけなどを使うとビジュアルもおしゃれな感じの仕上がりに。鮭があまり主張しない、上品さも魅力です。

2. 鮭をご飯のうえにのせて

比較的スタンダードな鮭弁当の詰め方のアイデア。ご飯のうえに鮭をのせることで、鮭が特別あつかいのような状態に♪塩気のある鮭とご飯との相性はばつぐん!また、鮭をご飯のうえにのせることで、おかずのスペースの節約になります。そのぶん、おかずの数を増やすことができるのもうれしいポイント!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS