5. ケチャップとコンソメを入れる

Photo by 馬原 香織

ケチャップとコンソメを加えます。

6. 蓋をして煮込む

Photo by 馬原 香織

鍋に蓋をして、弱火で60分煮込みます。

7. はちみつを加えて煮込む

Photo by 馬原 香織

はちみつを加えてよく混ぜ、蓋をしてさらに30分煮込みます。

30分後、水分が減ってとろみがついていればできあがりです。火加減が弱いとまだ水分が多い場合があります。その場合は、蓋をはずしてほどよいとろみがつくまで煮てください。

火を止めてしばらくおくと、煮汁が落ち着きさらにとろみが出てきます。でき立てよりも少し時間を置いたほうがおいしくいただけますよ。

調理師が教える。おいしく作るコツ

Photo by 馬原 香織

牛肉は時間をかけてじっくり煮込む

煮込み系のレシピでは、すね肉やもも肉などのかたまり肉を使うのがおすすめです。かたまり肉は、弱火でじっくり煮込むとやわらかくなる性質があります。煮込み時間は90分以上、時間があれば2時間煮込むと、さらにやわらかく仕上がりますよ。

ロース肉のような薄切りの肉は、煮込むとかたくなり旨味も流出してしまうので、短時間調理に活用しましょう。

鍋は深くて厚手のものがよい

時間をかけて煮込む料理の場合は、口径があまり広くなく、深さのある厚手の鍋が向いています。フライパンのような口径の広い鍋は、すぐに水分が飛んでしまうだけでなく、具材に煮汁が染みわたりにくくなるデメリットも。熱伝導のよい厚手の鍋を使うことで、熱がじっくり伝わり、肉がやわらかく仕上がりますよ。

また、煮汁の蒸発を防ぎ、具材に熱を効率的に伝えるために、蓋はきっちりと隙間なく閉まるものを使いましょう。

編集部のおすすめ