ロールキャベツはおいしく冷凍保存!お弁当にも時短料理にも便利♪

たっぷりのお野菜とジューシーなお肉を一度にいただけるロールキャベツ。実は冷凍保存ができるおかずだって知っていましたか?今回は、ロールキャベツをおいしく冷凍保存できる方法をご紹介します。いつもとは違う味付けのレシピも登場しますよ♪

ロールキャベツは冷凍保存で♪

たっぷりのお野菜とジューシーなお肉のコンビネーションがたまらないロールキャベツ。キャベツがたくさん手に入ったら、大量に作り置きしたいおかずですよね。「でも、毎日ロールキャベツじゃ飽きちゃうかも……」というそこのあなた。実は、ロールキャベツは冷凍保存もできるって知っていましたか?

今回は、おいしく保存できる冷凍保存の方法をご紹介します。トマトソースだけでは物足りない!という方は、いつもと違う味付けのレシピもぜひ見てくださいね。

冷凍するのは煮込む前?後?

ところで、ロールキャベツを冷凍するのは煮込む前と後、どちらがいいと思いますか?いろいろな憶測が飛び交いそうなところですが、実はどちらにもメリットがあるんですよ。

まずは煮込む前に冷凍する場合からご説明しましょう。煮込む前に冷凍するのは、いろいろな味付けにチャレンジしたいときにおすすめです。大量に作ったけどいつも同じ味付けでは飽きてしまう……という方にはぴったりの方法ですよね。ただ、やはり生だとどうしても傷みやすくなってしまうので、軽く茹でてから冷凍する方がいいでしょう。

どちらかというとおすすめなのは、煮込んでから冷凍する方法です。ロールキャベツの中の肉だねは生のままだと足が早く、日持ちが悪くなってしまいます。加熱をすると殺菌ができますので、菌の繁殖を防げますよ。もともとひき肉は傷みやすい食材なので、気を付けて扱いましょう。

ロールキャベツの冷凍方法

たくさん作ったらスープごと冷凍

スープで煮込んでから、スープごと冷凍する方法もおすすめですよ。冷凍焼けしにくく、味の変わりにくい方法のひとつとしても重宝されています。手順は密閉できる保存容器に、煮込んだあとのロールキャベツとスープを一緒に入れて、そのまま冷凍するだけ。とても簡単ですね。

いちばんおすすめの解凍方法は、自然解凍です。食べるときには冷蔵庫でしばらく自然解凍させたあと、弱火で少し温めてからいただきましょう。例えば夜のメインおかずをロールキャベツにしたい場合には、朝に冷凍庫から冷蔵庫に移しておけばOKです。

時間がないときには、レンジで温めなおしてもいいですよ。少しずつ加熱して、食べごろに温かくなるまで様子を見ながら温めましょう。一気に加熱すると熱くなりすぎる場合がありますので、気を付けてくださいね。

お弁当用、少量なら小分けでラップ!

お弁当のおかずに使う場合や、少しずつ違う味付けで楽しみたい場合には小分けで冷凍するのがおすすめです。小分けにする場合は、ひとつひとつをラップできゅっとくるんで冷凍しましょう。余計な空気が入ることなく、長めに保存することができますよ。お弁当用に保存しておきたいときも安心ですね。

ラップでくるむ際には、なるべく空気が入らないように注意しましょう。端から少しずつ空気を抜きながら巻き込んでいけば、簡単にくるめます。ぜひチャレンジしてくださいね。

保存期間と解凍方法

保存期間について

冷凍したロールキャベツの保存期間は、およそ1か月。ぜひそれまでにおいしく食べきりましょう。スープと一緒に保存した場合にはほかの方法よりも冷凍焼けしにくくなりますので、もう少し長く保存することもできるのだそう。でもなるべく早く食べてくださいね。

解凍方法

解凍方法としては、冷蔵庫で自然解凍してからお鍋で加熱するのがおすすめです。電子レンジOKの容器でスープごと保存した場合には、レンジで加熱してもいいですよ。どちらの方法でもおいしくいただけますので、ご自分に合った方法で解凍してくださいね♪

こんな場合は食べちゃダメ!

たくさん作って冷凍しておいたロールキャベツ、せっかくならばおいしくいただきたいですよね。冷凍保存は食品を長期間保存するのに向いていますが、もちろんタイムリミットもあります。では、長く冷凍してしまったロールキャベツ……どのような場合は食べない方がいいのでしょうか?

まず、冷凍庫で何か月も保存していたロールキャベツや冷凍焼けしているものなどは、食べるのはNG。また保存期間内でも、いつもと違うにおいや味がする場合、特にすっぱいようなにおいがする場合は食べないようにしましょう。そして長期間冷蔵庫に保存してしまったときや、常温で長時間置いておいてしまったときも食べるのは避けましょう。

飽きさせない!味付け案3選

1. 和風だしのロールキャベツ

特集

SPECIAL CONTENTS