ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

「ブロイラー」って?味や特徴をマスター!

家庭で使われるお肉と言えば、牛・豚・鶏が定番ですよね。中でも特に値段が安く、頻繁に食卓に登場する鶏肉。今回は、スーパーで並ぶ鶏肉の9割を占めるといわれている「ブロイラー」についてご紹介します。 短期間で育つように改良されたブロイラーですが、良い面もあれば、地鶏に負けてしまう部分も。普段食べているお肉がどのように生まれ育っているか、詳しくチェックしてみましょう!

ブロイラーとは?

「ブロイラー」とは、通常の鶏より短期間で育つように改良された若鶏の総称です。普通生まれてから成鶏となるのに4~5ヶ月ほどかかりますが、ブロイラーの場合はたった50日ほどで食用の大きさに育ちます。 ほとんど動かずえさをたっぷりと与えられて育つので、肉質がやわらかく、短期間で出荷できるためリーズナブルに手に入るメリットがあります。 日本で流通する鶏は「ブロイラー」「地鶏」「銘柄鶏」の3つに分かれますが、そのうち9割を占めているのがブロイラー。スーパーでは、「若鶏」という表記で売られています。

ブロイラーの意味

アメリカで開発されたブロイラーは、英語の「ブロイル(broil)」名前の語源となっています。ブロイルは、肉を炙る、オーブンで丸焼きにするなどの意味で、「ブロイル用に適した鶏肉」=「ブロイラー」という名前になりました。 この名前からもわかるように、ブロイラーは焼いて食べることを目的に作られているので、加熱してもやわらかい食感が特徴です。日本では第二次世界大戦後から導入され、急速に広まっていきました。

ブロイラーと地鶏の違い

定義の違い

ブロイラーに特別な基準はありませんが、「地鶏」として販売するには、日本鶏の血が半数以上入っている、飼育期間が80日以上、鶏が運動できる状態で育っているなど、さまざまな条件をクリアする必要があります。 JAS(日本農林水産規格)が定義するそれらの条件をクリアした上で、初めて地鶏として認定されます。名古屋コーチン、薩摩鶏、比内鶏の日本三大地鶏や、阿波尾鶏、青森シャモロックなど、ブランド鶏として有名な地鶏も数多く存在します。

味の違い

ブロイラーと地鶏には、育て方だけではなく味にも大きな違いがあります。 まずひとつめは、食感。ほとんど動かない状態で育つブロイラーはやわらかい肉質ですが、「1平方メートルあたり10羽以下の環境で飼育する」という条件がある地鶏は、弾力のある食感に育ちます。 もうひとつは、味の濃さ。水分量や、コラーゲンやグリコーゲンなどの栄養素も地鶏の方が圧倒的に高いため、「噛めば噛むほど深みのある味」と言われています。
Photos:3枚
鶏のからあげ
チキンのハーブ焼き
ブロッコリー、じゃがいも、にんじんなどがごろごろ入ったクリームシチュー
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS