鶏肉の9割を占める!?「ブロイラー」について学ぼう

日本で食べられる鶏肉の9割を占めるといわれている、「ブロイラー」についてご紹介します。短期間で育つように改良されたブロイラーですが、食べても安全なの?気になる飼育方法や、味の特徴を学びましょう。ブロイラーで作るおいしいレシピ付き!

「ブロイラー」って?味や特徴をマスター!

家庭で使われるお肉と言えば、牛・豚・鶏が定番ですよね。中でも特に値段が安く、頻繁に食卓に登場する鶏肉。今回は、スーパーで並ぶ鶏肉の9割を占めるといわれている「ブロイラー」についてご紹介します。

短期間で育つように改良されたブロイラーですが、良い面もあれば、地鶏に負けてしまう部分も。普段食べているお肉がどのように生まれ育っているか、詳しくチェックしてみましょう!

ブロイラーとは?

「ブロイラー」とは、通常の鶏より短期間で育つように改良された若鶏の総称です。普通生まれてから成鶏となるのに4~5ヶ月ほどかかりますが、ブロイラーの場合はたった50日ほどで食用の大きさに育ちます

ほとんど動かずえさをたっぷりと与えられて育つので、肉質がやわらかく、短期間で出荷できるためリーズナブルに手に入るメリットがあります。

日本で流通する鶏は「ブロイラー」「地鶏」「銘柄鶏」の3つに分かれますが、そのうち9割を占めているのがブロイラー。スーパーでは、「若鶏」という表記で売られています。

ブロイラーの意味

アメリカで開発されたブロイラーは、英語の「ブロイル(broil)」名前の語源となっています。ブロイルは、肉を炙る、オーブンで丸焼きにするなどの意味で、「ブロイル用に適した鶏肉」=「ブロイラー」という名前になりました。

この名前からもわかるように、ブロイラーは焼いて食べることを目的に作られているので、加熱してもやわらかい食感が特徴です。日本では第二次世界大戦後から導入され、急速に広まっていきました。

ブロイラーと地鶏の違い

定義の違い

ブロイラーに特別な基準はありませんが、「地鶏」として販売するには、日本鶏の血が半数以上入っている、飼育期間が80日以上、鶏が運動できる状態で育っているなど、さまざまな条件をクリアする必要があります。

JAS(日本農林水産規格)が定義するそれらの条件をクリアした上で、初めて地鶏として認定されます。名古屋コーチン、薩摩鶏、比内鶏の日本三大地鶏や、阿波尾鶏、青森シャモロックなど、ブランド鶏として有名な地鶏も数多く存在します。

味の違い

ブロイラーと地鶏には、育て方だけではなく味にも大きな違いがあります。

まずひとつめは、食感。ほとんど動かない状態で育つブロイラーはやわらかい肉質ですが、「1平方メートルあたり10羽以下の環境で飼育する」という条件がある地鶏は、弾力のある食感に育ちます。

もうひとつは、味の濃さ。水分量や、コラーゲンやグリコーゲンなどの栄養素も地鶏の方が圧倒的に高いため、「噛めば噛むほど深みのある味」と言われています。

値段の違い

ブロイラーが鶏肉市場の9割を占めているとご紹介しましたが、地鶏の流通は1割ほど。広い土地で時間をかけて育てるため、値段は高くなります。スーパーの鶏肉売り場では1番上段に置かれていることが多く、ブロイラーの3~4倍の価格になります。

販売店や時期によって異なりますが、地鶏で有名な名古屋コーチンでは、もも肉で100g420円、むね肉やささみで370円ほど。ささみや胸肉のブロイラーなら100g100円以下で購入できるのを考えると、地鶏がいかに高級食材であるかがわかります。

ブロイラーでもおいしい!鶏肉レシピ3選

1. 唐揚げ

地鶏と比べると味が落ちるとご紹介したブロイラーですが、料理によってはブロイラーの方が適しているものもあります。例えば唐揚げは、地鶏で作ると旨みは強いものの、筋肉が発達しているため硬い食感になってしまいます。ブロイラーはやわらかな肉質なので、外はカリッと、中はジューシーな仕上がりになりますよ♪

2. チキンのハーブ焼き

気にならない人も多いのですが、ブロイラーによっては臭みのあるものもあります。塩コショウの味付けのみ臭いが目立ってしまうので、ハーブで爽やかな風味をつけた調理法が◎。ローズマリー、セージなど、お好みのハーブで作ってみましょう!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう