トマト缶で簡単調理!トマトスープパスタの基本レシピを伝授♪

冬になると恋しくなるスープ、パスタと一緒にほっこりタイム満喫してみませんか?今回は、トマト缶で簡単に作れるスープパスタの作り方をご紹介します。パッと済ませたいランチや軽食に、また具材を豪華にしてパーティレシピにと幅広く大活躍しますよ。

スープなの?パスタなの?どっちもです♪

トマトのスープパスタ

Photo by ako0811

スープの中に麺……ラーメンかな?と見間違えてしまいそうですが、こちられっきとしたパスタです。寒くなるとズズッとすすり、ほっと一息つきたくなる汁物が恋しくなりますね。そんなときは、最後の一滴まで飲み干せて満腹、スープパスタはいかがでしょうか?

いろんな味でバリエーション豊富なスープパスタの中でも、この記事では特に人気のあるトマト味に着目。トマト缶で作るお手軽トマトスープパスタの作り方をご紹介します。

トマトスープパスタの基本レシピ

トマトスープパスタ

Photo by ako0811

ここでご紹介のスープパスタは、時に超お手軽価格で販売されているトマト缶を使って作ります。トマトは案外どんな食材とも相性が良く、加える食材によって印象はガラリと変わります。今回は、シンプルなトマトソースにモッツァレラチーズをちぎって加えるだけ!おしゃれ感あり食べごたえありの、おすすめレシピです。

材料(2~3人分)

トマトスープパスタの材料

Photo by ako0811

パスタ(1.7mm) 200g
玉ねぎ 1/2個
モッツァレラチーズ 50g(1/2袋)
ニンニク 大1片
オリーブ油 大さじ1と1/2

■スープ
水煮トマト缶 1缶400g
水 200ml
コンソメ顆粒 小さじ1と1/2
しょうゆ 小さじ2
ケチャップ 小さじ2
はちみつ 小さじ1強(なければ砂糖でも可)
粗挽き黒こしょう 適量 
塩 少々
ドライオレガノやバジル あれば尚良し

作り方

1. 玉ねぎとにんにくをみじん切りにします。
玉ねぎとにんにくをみじん切りにします。

Photo by ako0811

玉ねぎは5mm角程度、にんにくは芯を取り除いてから細かくみじん切りにカットします。
2. オリーブオイルでにんにくを炒めます。
作り方

Photo by ako0811

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火で炒め香りを出します。にんにくとオイルを馴染ませてから加熱を開始することでオイルへ香りが移りやすく、またにんにくも焦げにくくなります。にんにくの表面がきつね色になるまでじっくり香出ししましょう。
3. 玉ねぎを飴色になるよう炒めます。
玉ねぎを飴色になるよう炒めます

Photo by ako0811

玉ねぎを加え弱火~中火でじっくり炒めます。透明から飴色になるまで炒めることで玉ねぎの旨み、甘味がギュッと引き出されます。
4. スープの材料を加え煮込みます。
スープの材料を加え煮込みます。

Photo by ako0811

スープの材料をすべて加えます。ホール缶を使う場合、木べらの背で潰すように粗く砕いていきます。ミキサーなどで均一にペースト状にするよりも荒く潰すほうが味に変化が生まれおいしくいただけますよ。
作り方

Photo by ako0811

バジルやオレガノ、粗挽きペッパーなどのスパイスを加え味の調整をします。スパイスはなくても良いですが、あったほうが味に深みが出ます。弱火でコトコト10分程度煮込んでスープは完成です。
5. パスタを茹でます。
パスタを茹でます。

Photo by ako0811

2Lの水に対し、20gの塩(大さじ1強)を加え沸騰したらパスタを茹でます。※塩の量は水の量の1%が適当です。
作り方

Photo by ako0811

次項でソースと一緒に煮込むため、表示の茹で加減よりも1分程度短く固めで引き揚げましょう。
6. パスタとスープを馴染ませます。
パスタとスープを馴染ませます。

Photo by ako0811

温めておいたスープにパスタを加え軽く煮込みます。(1分程度)
パスタとスープを馴染ませます。

Photo by ako0811

火を止めて、モッツァレラチーズを手でちぎって加えたらお皿に移します。余熱でチーズに火が通りとろ~り柔らかくなります。
7. 完成です♪
トマトのスープパスタ

Photo by ako0811

シンプルなトマトソースにモッツァレラチーズが入るだけでとってもオシャレ!くどくなく、最後の一滴までペロリと飲み干せますよ。バジルやブロッコリーなどが添えられるとより一層素敵です。

作るときのコツ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう