ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

サクサクのアーモンドクッキーを作ろう!

Photo by lanne_mm

カリッとした食感と香ばしさが魅力のアーモンド。クッキーやチョコレートなどにアーモンドが入っていると、おいしさが倍増しますよね。 今回は、手作りお菓子の定番のクッキーにアーモンドを入れたレシピをご紹介します。手作りだからと、侮ってはいけません。コツをおさえて作ることで、手作りクッキーがお店のようなおいしさになります。家族や友人に食べてもらいたくなりますよ。ティータイムのおやつにも、バレンタインなどのちょっとしたおくりものにもおすすめですので、ぜひお試しください。

アーモンドクッキーの基本レシピ

Photo by lanne_mm

1回のクッキー作りでプレーンとココアの2種類の味が楽しめるレシピです。おいしさを左右するのは、クッキーの食感。3つのコツをおさえると、固くないサクサクのクッキーが作れます。 もちろんプレーンだけやココア味だけで作ってもOKです。抹茶や紅茶、いちごパウダーなどほかのアレンジも試してみてください。

材料(約30枚分)

Photo by lanne_mm

・薄力粉          90g(プレーン用50g、ココア用40gに分けておく) ・無塩バター        70g ・アーモンドプードル    40g(20gずつに分けておく) ・ココアパウダー      小さじ2 ・砂糖           40g ・スライスアーモンド    40g ・卵黄           1/2個分

作り方

1. 下準備をする

Photo by lanne_mm

バターは室温にもどしておきます。 プレーン用の薄力粉50gとアーモンドプードル20gをあわせてふるいます。ココア用も同様に、薄力粉40g、アーモンドプードル20g、ココアパウダー小さじ2をあわせてふるいます。
2. バターをなめらかにする

Photo by lanne_mm

室温にもどしたバターを、泡だて器でクリーム状にやわらかくなるまでよくねります。空気を含ませるように混ぜるのがポイントです。
3. 卵黄を混ぜる

Photo by lanne_mm

卵黄を混ぜ合わせます。
4. 砂糖をすり混ぜる

Photo by lanne_mm

砂糖を2〜3回に分けて加え、白っぽくふんわりするまで、泡だて器ですり混ぜます。

Photo by lanne_mm

写真のように白っぽくふんわりなればOKです。
5. アーモンドを加える

Photo by lanne_mm

ゴムベラに変え、アーモンドを加えてさっと混ぜます。混ぜすぎるとアーモンドがくずれてしまうので、注意しましょう。
6. 生地を分ける

Photo by lanne_mm

生地をプレーンとココア用に2等分にします。
7. 粉類を混ぜる

Photo by lanne_mm

【1】でふるった粉類をそれぞれ加えて、さっくり切り混ぜします。切り混ぜしていると、そぼろ状になり、さらに混ぜるとひとかたまりにまとまってきます。プレーンができたら、ココア味も同様に切り混ぜしていきます。
8. 筒状にする

Photo by lanne_mm

まとまってきたら、ラップの上におき、3,4cmの筒状に形作っていきます。1度ラップの中央において、ぎゅっとひとまとまりにしてからすると形作りやすいです。ココア味も同様です。

Photo by lanne_mm

ころころ転がしながらきれいな筒状に仕上げます。
9. 冷凍庫で冷やす

Photo by lanne_mm

冷凍庫に入れて、15分以上ねかせます。そのまま焼かない場合は、このまま冷凍庫に入れて、焼くときに出して、少し解凍して焼くこともできます。
10. クッキーを切る

Photo by lanne_mm

オーブンの予熱を180℃に入れておきます。 5,6mmくらいの厚みに切ります。プレーン、ココアの順に切っていきましょう。
11. 天板に並べる

Photo by lanne_mm

天板に並べます。切ったときに形がくずれてしまったものは、ととのえてから並べましょう。
12. クッキーを焼く

Photo by lanne_mm

180℃に予熱しておいたオーブンで12~15分程度焼きます。
13. あら熱をとる

Photo by lanne_mm

クッキーが焼けたら、天板のまま冷まします。焼きたては、まだやわらかいので動かさないようにしましょう。クッキーが固まってきたら、ケーキクーラーなどの上にのせて完全に冷まします。

盛り付け

Photo by lanne_mm

クッキーが冷めたら盛り付けます。今回はかごにクッキングシートを敷いてクッキーを入れました。ビンやお皿などに盛ってもOK!保存は密閉容器に入れて、乾燥材を入れると湿気を防ぐことができます。

作るときのコツ

バターは常温に戻してから使います。サクサクした軽い口当たりのクッキーに仕上がります。温度が高かったり、バターが溶けてしまうとサクサクとした食感になりにくい性質がありますので注意しましょう。 小麦粉を入れたら、さっくりと切るように混ぜましょう。これは小麦粉に含まれるグルテンが作られるのを防ぐためです。混ぜすぎてグルテンが作られると、食感が固くなってしまいます。 予熱は忘れずに入れましょう。予熱ができていないと、きれいな焼き色がつかなかったり、焼き色がつかないからといって焼きすぎてしまい、乾燥してしまうこともあります。

特集

FEATURE CONTENTS