ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

赤魚(あかうお)とはどんな魚のこと?

本来の赤魚とは「アコウダイ」のこと

赤魚とは本来、アコウダイを指す言葉。見た目が鯛に似ていることから、「赤魚鯛」の字が当てられ、単にアコウまたは赤魚とも呼ばれます。実際には鯛ではなく、スズキ目メバル科に属するメバルの一種で、本州沿岸沖合の岩礁域に生息する大きめの深海魚です。

昔から庶民になじみ深い魚でしたが、資源の減少によりいまではすっかり高級魚に。上品な白身は締まった肉質で脂がのり、刺身から煮付け、塩焼き、味噌漬けまでの幅広い料理に利用されます。

販売されている赤魚の大半は輸入加工品

スーパーの鮮魚コーナーでよく見かける、価格が手頃な赤魚の切り身は、アコウダイではありません。かつて1960~1970年代には、北洋で獲れたアラスカメヌケが赤魚と呼ばれて、大量に販売されていました。

この魚も漁獲量が減少してくると、モトアカウオやチヒロアカウオなど、メバル科の近縁種が赤魚と呼ばれるように。お店で切り身や粕漬けとして販売されている加工品は、ほとんどがこの2種類の魚の輸入品です。

赤魚と呼ばれる代表的な魚種の特徴と旬

アコウダイ

本来の赤魚であるアコウダイは、日本で獲れるメバルのなかでは一番大きく、体長が60cm以上あるものも。冬が旬の高級魚なので、いまは大衆魚のイメージが強い赤魚として販売されることはありません。大きいものほど脂がよくのっておいしいとされます。

アラスカメヌケ

ひと昔前、アラスカ湾やベーリング海で大量に獲れたメバル属の魚で、サイズはアコウダイより小さめ。かつては赤魚の代表品種でしたが、現在はほかの近縁種にその座を奪われています。赤魚として冷凍物が輸入されますが、価格は近縁種より少し高いです。

そのほかの近縁種

カナダやグリーンランド付近の北洋で獲れる、タイセイヨウアカウオの和名がモトアカウオです。体長が1mにもなる大型魚で、同じ海域の深いところに近似種のチヒロアカウオが生息。どちらも冷凍物で輸入され、赤魚の代表品種として一年中流通しています。
Photos:7枚
緑色の皿に盛りつけられているアコウダイのかぶと煮込み
藍色の小鉢に盛りつけられているアコウダイのからし酢みそ和え
塩を振った赤魚の切り身を炭火の上に網をのせて焼いている様子
青い模様入りの角皿に盛りつけられている赤魚切り身の煮付け
青い模様入りの小皿に盛りつけられている赤魚切り身の天ぷら
皿に盛りつけられた赤魚のムニエルとアスパラ、添え物のかぼす
白い皿に盛りつけられた赤魚とあさり、野菜入りのアクアパッツァ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ