ナッツは断然これ「ミックスナッツ大袋」

Photo by akiharahetta

1,190円(税抜)
成城石井は、ワインなどのお酒が充実しているため、おつまみを多くそろえています。ナッツ類だけでも相当な種類があるのですが、もっとも定番といえるのが「ミックスナッツ大袋」です。店頭でよく見かける商品なので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

Photo by akiharahetta

使用しているナッツは、アーモンド、くるみ、カシューナッツ、マカダミアナッツの4種類。一緒に食べたときに、口の中でちょうどおいしくなるよう配合しているんだとか。なるほど、ほかのものと比べるとアーモンドが少ないですね。食塩と植物油不使用で軽い味わいが特徴です。

ぱりサク食感のフランス菓子「クリスピークレーププレーン」

Photo by akiharahetta

650円(税抜)
ガヴォットの「クリスピークレーププレーン」はフランスからの輸入品。ブルターニュ地方の伝統菓子で、90年以上の歴史を持ち、今も昔と変わらぬ味を守り抜いています。

プレーンのほかに、ミルクチョコレートとダークチョコレート味がありますが、筆者のイチオシは断然プレーン。生地のおいしさをシンプルに味わえますよ。

Photo by akiharahetta

生地には厳選された材料のみを使用。ごく薄く焼いて丁寧に折りたたんであります。とても繊細で、そっと取り扱わないと崩れてしまうほど。この儚さがいいんですよね。

層になっているためサクっとした食感で、口に含むとバターの香りがふわりと広がります。アイスクリームに添えると絶品ですよ。

珍しさで注目「リンクリソース皮付きカシューナッツ」

Photo by akiharahetta

990円(税抜)
最近店頭でよく目にするこちらの商品。リンクリソースの「皮付きカシューナッツ」です。通常カシューナッツは白っぽい色をしていますが、本品はまだら模様になっています。

カシューナッツの皮ってこんな色なんですね。初めて見た人も多いのではないでしょうか?なんだかワクワクするひと品ですよ。

Photo by akiharahetta

皮はごく薄で、渋みやえぐみなどはありません。そのままでもおいしくいただけます。試しに指で皮をこすってみたら、パラパラと剥がれ落ちました。

お好みやそのときの気分に合わせて、皮なし皮ありを楽しめますよ。ドラマチックな模様と珍しさはSNS向きといえそうです。

サクほろ食感「グラスフェッドバターのカントリーサブレ」

Photo by akiharahetta

各499円(税抜)
2月最初のおすすめは「グラスフェッドバターのカントリーサブレ」。店頭の目立つ場所に陳列されている注目商品です。気になっていた人もいるのではないでしょうか?

オールバターで作られたサブレのフレーバーはふたつ。黒のカカオニブと、白の2種ナッツです。どちらも10枚入り499円(税抜)となっています。

Photo by akiharahetta

直径5cmほどで、しっかりした厚みのあるサブレです。硬いのかと思いきや、サクほろな食感。牧草のみで育った牛から取れるグラスフェッドバターの風味がよく、手作りのようなおいしさです。

ホッとする味わいは、コーヒー・紅茶どちらにも合うでしょう。リモートワークのお供にいかがですか?

成城石井渾身の板チョコ「シングルオリジンチョコレート」

Photo by macaroni

499円(税抜)/1枚100g
2018年11月に発売された、成城石井オリジナルのなかでは“初”となる板チョコレート商品が「シングルオリジンチョコレート」です。全4種類の展開で、それぞれ産地の異なるカカオ豆が使われています。

パッケージの美しさにも惹かれますよね。とっても気になる存在です。

Photo by macaroni

青はマダガスカル産のカカオ豆が31%、黄色はペルー産のカカオ豆が64%、赤はエクアドル産のカカオ豆が71%、黒はウガンダ産のカカオ豆が80%です。これが、各産地の最適な配合なのだとか。

今回は、もっとも食べやすい青のチョコレートをひと口。フルーティーな香りと甘さのマリアージュが、絶妙なバランスで感じられます。ご褒美チョコとして購入してみては?

ワインに合わせたい「2種のトリュフ香るミックスナッツ」

Photo by muccinpurin

600円(税抜)/90g
「2種のトリュフ香るミックスナッツ」は、アーモンドやクルミなど4種類のナッツがベース。味付けに、イタリア産白トリュフオイルと黒トリュフ入りゲランド塩という、2種類のトリュフアイテムが贅沢に組み合わされています。

Photo by muccinpurin

袋を開けた瞬間、豊かなトリュフの香りがふわり。トリュフを食べたことがある方はもちろん、食べたことのない方でも「これがトリュフなんだ」と分かるはずです。

塩気が絶妙で、ナッツの味わいやトリュフの香りを生かしつつ、旨みを届けてくれています。ちょっと贅沢なおつまみで、おうち飲みをワンランクアップさせてみては?
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ