ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

マニアのイチオシ商品

容器にご注目「ルンドミエル はちみつエコパック」

Photo by akiharahetta

798円(税抜)
おすすめひとつ目はこちら。フランスでナンバーワンのシェアを誇るブランドLune de miel(ルン・ド・ミエル)の「はちみつエコパック」です。

環境にやさしい簡易包装で、ゴミを少なくした商品ですよ。瓶容器より軽く持ち運びやすいので、お買い物もラクラク。450g入りで798円(税抜)は、はちみつの価格としては中間クラスでしょう。

Photo by akiharahetta

キャップを開ければすぐに使えて、スプーンなどの洗い物が出ません。また、注ぎ口が小さく、瓶詰めはちみつなどに比べ、雑菌が入りにくいため衛生的。優れた容器ですよ。

味はかなり芳醇で、花の香りをそのまま閉じ込めたよう。濃いめの紅茶やコーヒーによく合います。はちみつトーストにするなら、ぜひ濃厚な発酵バターを合わせてみて。

本格的すぎ「チャンバーズ ラール・マースカレー」

Photo by akiharahetta

699円(税抜)
ラインアップ豊富なレトルトカレーコーナーから、気になる商品を見つけてきました。「チャンバーズ ラール・マースカレー」です。

北インド・ラージャスターンの唐辛子を使ったマトンカレーで、特製ガラムマサラ付き。辛口でマトン肉と、ハードル高めのマニア向けカレーですが、どんな味わいなのか確かめたく入手してきました。

Photo by akiharahetta

カレーは熱湯で5~7分温めます。ちょうど冷凍庫にジャスミンライスのストックがあったので、合わせてみましょう。

封を破ると、刺激的なスパイスの香りが立ち込めました。皿に出してみると、大きなマトンがゴロリ。味わいはかなり本格的で、レトルトの域を超えています。辛さもスパイスの使い方も抜群!

699円(税抜)は少々お高めですが大満足のお味ですよ。お店に食べに行くと考えれば、安いかもしれませんね。

フランス産「ファボルズ カシスジャム」

Photo by akiharahetta

699円(税抜)
フランス南西部、ロット・エ・ガロンヌの老舗メーカー、FAVOLSのジャムをご紹介します。今回ヨーロッパフェアを開催中だったため、店内には欧州各国の商品並んでおり、本商品はその中のひとつです。

3種類のフレーバーから選んだのはカシス。フランスらしい果物です。パッケージはシックでとてもおしゃれ。テーブルに出すだけで絵になります。

Photo by akiharahetta

小さくてかわいいカシスの実を、昔ながらの製法で丁寧に仕込んだコンフィチュール(ジャム)です。甘さ、酸っぱさ、どちらも濃い!水っぽさを感じないギュッとつまった味わいですよ。

バターと一緒にトーストに塗ると最高。クレープやタルトに使ってもいいと思いますよ。この機会にぜひ味わってみてくださいね。

【保存食品】成城石井おすすめ

パリパリ食感「ピクルス ガーキンス 370g」

Photo by akiharahetta

299円(税抜)
きゅうりを漬けたオーソドックスなピクルスを発見!本店直輸入の「ピクルス ガーキンス 370g」です。近年、あちこちでカラフルでおしゃれなピクルスばかり目にしていたので、逆に新鮮に感じます。

原材料は、きゅうり、乾燥赤ピーマン、砂糖、酢、食塩、マスタードシード。とてもシンプルですよ。保存料と化学調味料は使われていません。

Photo by akiharahetta

収穫後24時間以内に瓶詰めにしたピクルスは、パリパリとした食感です。ほどよい酸味で食べやすく、さっぱりしています。

ガーキンスは、大きめのきゅうりを使ったピクルスで、小さめのきゅうりを漬けたものは、コルニッションという商品名です。料理に使うなら、カットしやすい大きさのガーキンス、そのまま食べるならコルニッションと、お好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

料理のアクセントに「GOYAブラックオリーブスライス」

Photo by akiharahetta

259円(税抜)
料理の彩りや、味のアクセントに活躍するブラックオリーブ。おつまみにはホールをおすすめしますが、料理に使うならスライスが便利です。

「GOYAブラックオリーブスライス」はスペイン産。たっぷり324g入って259円(税抜)は、お買い得ですよ。開封後は冷蔵庫に保存しましょう。

Photo by akiharahetta

香り高くジューシーな食べやすいオリーブです。色は漆黒でツヤツヤ。ピザにのせたり、ポテトサラダに加えたりすれば、いいアクセントになります。見た目も味も格段にランクアップしますよ。

細かく刻んでもいいですよね。苦手なひともいるかもいるかと思いますが、少量からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

販売元はJAかながわ西湘「曽我の梅干し」

Photo by akiharahetta

1,140円(税抜)
梅干しというと、やはり紀州梅が有名ですが、こちらも負けてはいません。小田原名産の「曽我の梅干し」です。曽我には昔から梅園があり、観光名所として知られています。梅の花が満開になる季節は、とくに人気なんですよ。

そんな歴史ある曽我の梅を使用した梅干し、どんな味わいなのか気になります。

Photo by akiharahetta

樽型容器に入った梅干しは、ちょっと小ぶり。紀州梅に比べると、2/3くらいの大きさです。味わいは、とても酸っぱく塩もしっかり効いています。昔ながらの梅干しって感じの味です。

それでいて、皮は薄く果実はやわらか。懐かしい味わいとやわらかい実が「曾我の梅干し」の特徴ですね。お茶漬けや、いわしの梅干し煮などに最適だと思いますよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ