ライター : mchi31

趣味は食べること。特技は美味しそうに食べること。休日の過ごし方はおいしいものを食べること☺️

実食して厳選!成城石井のおすすめランキングTOP10

Photo by macaroni

海外からの輸入品や自社オリジナルの商品など、ユニークで魅力あるものがそろうスーパーマーケット「成城石井」。スイーツからお惣菜、ワインなど、さまざまな商品が所狭しと並べられているのは心惹かれますが、それを買うべきか悩んでしまうのも事実……。 そこでこの記事では、グルメメディアである「macaroni」の編集部が独断と偏見で選ぶ「成城石井のおすすめ商品」をランキング形式でご紹介します!実際に食べたうえでのピックアップなので、ぜひレビューも参考にしてみてくださいね♪

10位:惣菜からデザートまで「なんでもいけるドレッシング」

Photo by macaroni

476円(税抜)/1本280ml 2,490円(税抜)/4本セット
メディアでも数多く紹介され、人気度の高い「なんでもいけるドレッシング」シリーズ。ごま、玉ねぎ、ノンオイルゆず、醤油の4種類が展開されています。見た目はいたって普通ですが、名前の通り "なんでもいける" ドレッシングなんですよ。

Photo by macaroni

編集部では、「ノンオイルゆず」には餃子、「玉ねぎ」には納豆、「醤油」には卵かけご飯、そして「ごま」にはなんとバニラアイスを合わせて食べてみました!特にごまとバニラアイスの組み合わせは、アイスのストレートな甘さとごまの香ばしさが見事にマッチし、クセになりそう……♪
▼そのほかのドレッシングの実食レビューはこちらをチェック!

9位:卵もバターも不使用「ノンデイリーホットビスケット」

Photo by akiharahetta

350円(税抜)/3個入り
1個あたり約10cmの四角形で、ひと袋3個入りで販売されている「ノンデイリーホットビスケット」。大きすぎず小さすぎないちょうどいいサイズ感のこちらは、なんと卵もバターも使わず作られているんです! そのほか牛乳ではなくアーモンドミルクが使用されているなど、原材料すべてが植物性食品で、ベジタリアンの方でも食べられる商品なんですよ。

Photo by akiharahetta

実際に食べてみると、ザクッとした食べ応えのある食感が印象的!そのまま食べ続けるとアーモンドミルクの香ばしい風味が鼻を抜けます。バターが使われていないからか、味わいが口の中に残ることなく甘さ控えめに食べられますよ。
▼温め方のコツやおすすめアレンジはこちらでチェック!

8位:ワインに合わせたい「2種のトリュフ香るミックスナッツ」

Photo by muccinpurin

600円(税抜)/90g
こちらの「2種のトリュフ香るミックスナッツ」は、アーモンドやクルミなど4種類のナッツに、イタリア産白トリュフオイルと黒トリュフ入りゲランドの塩という、2種類のトリュフアイテムが贅沢に組み合わされています。

Photo by muccinpurin

袋を開けた瞬間に広がるのは、豊かなトリュフの香り。一度でもトリュフを食べたことがある方ならそのときの記憶が蘇り、食べたことのない方でも「これがトリュフなんだ」と分かるはずです。 ナッツ自体の香ばしさがまとうほどよい塩気は、まろやかで深みのあるゲレンデ塩。ナッツの味わいやトリュフの香りを押さえつけない程度の、ほどよい塩気です。これは、キリッと冷やした白ワインが欲しくなります!
▼そのほかのトリュフをまとったスイーツも必見!

7位:肉なしで満足度MAX「スパイシーカレー」

Photo by macaroni

399円(税抜)/200g
こちらの「有機キヌアとガルバンゾビーンズのスパイシーカレー」は、成城石井の "desica" シリーズから販売されている商品です。「成城石井 "でしか" できないものを」という意味を込めて名付けられたというシリーズのカレー、食べる前から期待が高まりますね!

Photo by macaroni

商品名の通り、キヌアとひよこ豆(ガルバンゾビーンズ)がたっぷりと入っています。ひと口食べると……意外や意外、なかなか本格的な辛さが突き抜けました!しかしきちんと甘みやコクも感じられ、お肉なしとは思えないほど濃厚です。 豆特有のもそもそとした食感がないため、豆が苦手という方でもおいしく食べていただけるのではないでしょうか。
▼成城石井にはほかにも本格カレーのレトルトが!

6位:しっとりコク甘「もっちりたまごパン」

Photo by akiharahetta

399円(税抜)/7個
ひとつ直径6〜7cmほどのパンが7個セットになった「もっちりたまごパン」。いかにも卵がたっぷり使われていそうな、黄色い見た目が特徴的です。不思議と懐かしさも感じられるたまごパンは、どこかボーロのような印象も受けますね。

Photo by akiharahetta

そのままひと口……すると卵のコクがいっぱいに広がり、まるで見た目のまんま "たまごボーロ" のような味わいです! 霧吹きで水をかけてトースターで温めると、今度はしっとりとソフトに。温めたほうが甘さが強まり、もっちりしっとりとした食感が際立った気がします。卵の風味がきちんと感じられるため、何もつけずに食べられますよ。
▼おすすめの食べ方アレンジはこちらでチェック!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS