濃厚で本場の味わい「リエージェワッフル」

Photo by akiharahetta

579円(税抜)
最近店頭でよく見かけるのが「リエージェワッフル」です。気になっていたので入手してきました。大きなワッフルが4枚入って579円(税抜)。おうちカフェやリモートワークの息抜きにぴったりなひと品ではないでしょうか。

Photo by akiharahetta

バニラの風味とバターが濃くかなり本格的な味わいです。甘みが強く塩がバシっと効いていて、日本人の舌に合わせてはいない様子。甘い味で食事を終わらせたいフランス人が好む本場の味ですよ。ぜひ濃いめのコーヒーと合わせてみてください。

フランス直輸入「カヌレ」

Photo by akiharahetta

6個入り 659円(税抜)
成城石井で「カヌレ」を発見!カヌレ型と呼ばれる溝のついた型で焼かれたフランスの焼菓子です。正式名はカヌレ・ド・ボルドー。ボルドー女子修道院で古くから作られていたことからこの名が付きました。

焼き時間が長く、専用の型が必要なため、家庭ではなかなか作る機会のないお菓子のひとつといえるでしょう。

Photo by akiharahetta

成城石井ではカヌレを本場フランスから直輸入しています。香りが豊かで濃厚な味わいは、フランス産ならでは。欲を言えば、もう少し焼きを強めにして外側をこんがり硬めに仕上げてほしいところです。中はもっちりで申し分なし!

成城石井スイーツの真髄「プレミアムチーズケーキ」

Photo by macaroni

790円(税抜)
長きに渡り人気の座を守り続けている、成城石井のナンバーワンスイーツが「プレミアムチーズケーキ」です。年代や性別を問わずさまざまな方から愛されている商品です。

店舗を訪れたことのある方なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?厳選された材料を丁寧に焼き上げた極上のチーズケーキですよ。

Photo by macaroni

トップのザラっとした部分はシュトロイゼル。綺麗な焼き色が食欲を刺激しますよね。断面を見るとレーズンがまんべんなく散りばめられています。ボトムはシンプルなスポンジ生地です。

濃厚でクリーミーなチーズケーキに、それぞれがおいしく混ざり合っています。一度食べたら止まらない味わいのケーキですよ。

あまおう苺たっぷり「いちごタルト」

Photo by akiyon

990円(税抜)
いちごのシーズンを迎えると、続々登場するケーキなどのスイーツ類。毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

成城石井が作る、福岡県産のあまおう苺をたっぷり使用した「あまおう苺と純生クリームのタルト」はいかが?材料から工程までこだわり抜かれたひと品です。

Photo by akiyon

トップには、ジューシーなあまおう苺のコンポートが7個のっています。とろけるような食感で、甘酸っぱい味と香りが最高。ひとくち食べたとたん思わずうっとりしてしまいました。

丁寧に2度焼きしたというタルト生地といい、ふわふわのクリームといい、とても贅沢な苺スイーツです。一度は食べてほしい商品としておすすめします。

1ヶ月で1万5,000個売れた「杏仁チーズケーキ」

Photo by akiharahetta

699円(税抜)
1ヶ月で1万5,000個売れたヒット商品!成城石井の定番人気商品、プレミアムチーズケーキと杏仁豆腐を合体させた進化系スイーツです。どんな味がするのか興味津々で入手しました。

価格が699円(税抜)と良心的で、手が出しやすいのも嬉しいですよね。4~5人分あるので、家族で食べるのにぴったり。肩ひじ張らないデザートです。

Photo by akiharahetta

食べてみるとよくわかるのですが、杏仁豆腐とチーズケーキ両方の味が見事に融合しています。こんなに相性がいいなんてびっくりです。単品で食べたときより味に深みがあり、極上のひと品に仕上がっています。

トップにのったマンゴーは甘酸っぱく、いい引き立て役になってくれています。プレミアムチーズケーキシリーズ史上最高のおいしさではないでしょうか?

思わず人に教えたくなるおいしさ「イタリア産シチリアレモンのチーズケーキ」

Photo by akiharahetta

990円(税抜)
大人気のプレミアムチーズケーキシリーズに新しいフレーバーを発見しました。世界的に有名なイタリア、シチリア島産のレモンを使用した「イタリア産シチリアレモンのチーズケーキ」です。海外旅行がままならない今、良心的な価格で旅気分に浸れますよ。

Photo by akiharahetta

濃厚なチーズケーキと香り高いシチリアレモンを組み合わせは、一般的なチーズケーキより何倍も味わい深く感じます。どちらも味が濃いからなんでしょうね。満足感が違いますよ。

飴がけピスタチオがまた秀逸。アクセントとしての役割を十二分に果たしており、サイドの酸っぱいクリームとワンセットになって口の中に広がります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ