材料4つでとっても簡単!手作り「ベシャメルソース」の作り方

グラタンやシチュー作りに欠かせない、「ベシャメルソース」のレシピをご紹介します。コクのある濃厚なソースは、手作りだからこその味わい♪ このソースひとつで料理の幅がグッと広がるので、この機会にぜひマスターしてみてくださいね!

2019年4月26日 更新

ベシャメルソースの基本レシピ

ベシャメルソースを木のスプーンですくう写真

Photo by donguri

ベシャメルソースは、溶かしバターに小麦粉を加え牛乳で引き伸ばして作るソースのこと。

フランスで生まれたソースのひとつで、シチューやコロッケ、パスタソースなど、さまざまな料理に使われています。私たちのよく知る「ホワイトソース」と似ていますが、ホワイトソースは白いソース全般を指すものなので、「ベシャメルソース=ホワイトソースの一種」と覚えておきましょう。

多種多様な洋食レシピの基本、ベシャメルソースの作り方をマスターしておきましょう!

材料(できあがり量:約400g)

計量カップに入った牛乳とココットに入ったバターと小麦粉、少量の塩

Photo by donguri

・バター……20g
・牛乳……400cc
・小麦粉……大さじ2杯
・塩……ひとつまみ

※今回の材料なら、グラタンならおよそ2人分の量ができあがります。

作り方

鍋でバターを溶かす写真

Photo by donguri

1. 深さのある鍋にバターを入れ、ふつふつとあわ立つまで弱火で溶かします。火加減が強いと焦げてしまうので、必ず弱火で加熱してください。
バターに小麦粉を加えた写真

Photo by donguri

2. 木ベラで混ぜながら、ふるいにかけた小麦粉を加えます。
鍋に入ったバターと小麦粉のタネと牛乳

Photo by donguri

3. バターと小麦粉が馴染んで粉っぽさがなくなったら、牛乳を少量(大さじ3杯ほど)加えてタネをのばします。
牛乳で伸ばしたバターと小麦粉のタネ

Photo by donguri

4. 少しずつ牛乳を加えては伸ばす作業を繰り返し、400ccすべてを混ぜ合わせます。
銀のボウルに入ったベシャメルソースを木べらで混ぜる写真

Photo by donguri

5. 木ベラで混ぜたときに、線が残るくらいのトロミがつくまで中火で煮詰め、塩で味を調えれば完成です。

作るときのコツ

ベシャメルソース作りで失敗しやすいのが、小麦粉が固まってダマになってしまうこと。牛乳は一気に加えず、少しずつ入れて、よく混ぜるを何度も繰り返して作りましょう。途中でダマになってしまったときは、泡だて器で細かく混ぜると良いですよ◎

火で煮詰める時間を長くするとトロミの強いソース、牛乳を多くするとサラっとしたソースになるので、使用する料理に合わせて濃度を調整してください。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう