「ベシャメルソース」の作り方を画像で解説。コツを押さえて失敗知らず

グラタンやコロッケ、煮込み料理を作るとき味の要にもなるベシャメルソース。白くてやさしい味わいのソースを失敗なく作りたい!そうならないためにこの記事では、ベシャメルソースを上手に作るポイントをご紹介するとともに、ベシャメルソースを使ったおすすめレシピをまとめてみました。

2019年11月28日 更新

そもそも「ベシャメルソース」とは?

ベシャメルソースを木のスプーンですくう写真

Photo by donguri

ベシャメルソースとは、小麦粉とバターで作られたルーを牛乳で伸ばした、フランス料理のもっともシンプルで基本的なソースのことです。グラタン、コロッケ、煮込み料理などいろんな料理に使われており、日本人にも馴染みのあるソースです。

ホワイトソースとの違い

ホワイトソースとは、料理に使用する白系ソース全般を指します。つまり、ホワイトソースという分類の中にベシャメルソースが含まれているということ。ホワイトソースのなかでもっとも有名なのがベシャメルソースであるため、イコールであるという認識が広まってしまったんですね。

材料4つで!ベシャメルソースの基本レシピ

材料(できあがり量:約400g)

計量カップに入った牛乳とココットに入ったバターと小麦粉、少量の塩

Photo by donguri

・バター……20g
・牛乳……400cc
・小麦粉……大さじ2杯
・塩……ひとつまみ

※今回の材料なら、グラタンならおよそ2人分の量ができあがります。

作り方

鍋でバターを溶かす写真

Photo by donguri

1. 深さのある鍋にバターを入れ、ふつふつとあわ立つまで弱火で溶かします。火加減が強いと焦げてしまうので、必ず弱火で加熱してください。
バターに小麦粉を加えた写真

Photo by donguri

2. 木ベラで混ぜながら、ふるいにかけた小麦粉を加えます。
鍋に入ったバターと小麦粉のタネと牛乳

Photo by donguri

3. バターと小麦粉が馴染んで粉っぽさがなくなったら、牛乳を少量(大さじ3杯ほど)加えてタネをのばします。
牛乳で伸ばしたバターと小麦粉のタネ

Photo by donguri

4. 少しずつ牛乳を加えては伸ばす作業を繰り返し、400ccすべてを混ぜ合わせます。
銀のボウルに入ったベシャメルソースを木べらで混ぜる写真

Photo by donguri

5. 木ベラで混ぜたときに、線が残るくらいのトロミがつくまで中火で煮詰め、塩で味を調えれば完成です。

レンジで作るベシャメルソースの簡単レシピ

お鍋で作るベシャメルソースは、目が離せないし、焦げつきやダマにならないか心配ですよね。そこで、料理初心者の方やぶきっちょさんは、電子レンジで簡単に作っちゃいましょう!お鍋で作るより若干、バターの風味やミルク感は弱まりますが、簡単に作りたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ベシャメルソースを作る際のポイント

1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう