4. ぶりの中華風塩麹鍋

鶏ガラベースの出汁に、塩麹で味付けしたぶり鍋です。ごま油と醤油を加えて、香り高い中華風に仕上げます。 おいしく仕上げるポイントは、鶏肉とぶりを塩麹に漬けておくこと。塩麹のまろやかな甘さと旨味で素材のおいしさを引き出すとともに、煮込んでもやわらかくジューシー仕上がります。

5. がっつり!ぶりあらのニンニク味噌鍋

こちらは、ぶりのあらを使った味噌鍋です。にんにくと鷹の爪が入っていて、ガツンとパンチがあります。 ぶりのあらは、魚の旨味がギュッと詰まった部位ですが、生臭さが強い部位でもあります。しっかりと下ごしらえをするとともに、魚の生臭さを和らげる効果がある味噌を加えることで、とてもおいしく食べられますよ。

6. 辛旨♪ ぶりあらの味噌キムチ鍋

こちらもひとつ前のレシピと同様に、ぶりのあらを使ったお鍋です。キムチのピリリとした辛さが、食欲を刺激します。お酒もグイグイ進んじゃいそうです。 辛いものがお好きな方は、食べるときにラー油をかけたり、山椒をふったりして、さらに辛さをアップしちゃいましょう!

7. ぶりと大根のミルフィーユ鍋

ぶり、人参、大根を重ねたものと、豚肉と白菜を重ねたもの。ひとつの鍋でふたつの味を楽しめるWミルフィーユ鍋です。 ぶりの旨味が染み込んだ大根と、豚肉のコクをまとった白菜がたまりません。食べごたえはありますが、レモンの爽やかな香りと酸味でペロリと食べられますよ。

8. 柚子で爽やか♪ ぶりの柚子鍋

出汁には柚子果汁を加えて、仕上げにも柚子の輪切りをトッピング。柚子尽くしのぶり鍋です。お鍋の蓋を開けると、柚子の爽やかな香りが広がりますよ。 塩麹には、魚の生臭さを和らげる効果があります。ぶりの塩麹漬けを使えば、下ごしらえをしなくてもOK。塩麹漬けが手に入らなければ、ぶりの切り身を塩麹に一晩漬け込んで使いましょう。

9. 基本の醤油出汁で!ぶりしゃぶ

しゃぶしゃぶ用の薄切りのぶりを、醤油ベースの出汁にサッとくぐらせていただきます。生でも食べられるお刺身用のぶりを使いますので、火を通しすぎないで半生で食べるのがおいしく食べるコツ。 柚子、ネギ、一味唐辛子の薬味が、脂がのって濃厚なぶりのおいしさを引き立てます。大根おろしや唐辛子入りのもみじおろし、ポン酢をつけるのもよいでしょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ