「和風ポトフ」でほっこり♪毎日の献立に活躍する絶品レシピ10選!

心も体もじんわり温まりそうな「和風ポトフ」のレシピをご紹介いたします。フランスの代表料理ポトフに和のテイストを盛り込んだひと品は、意外と簡単に作れて、お野菜もたっぷり食べられる優等生。いつもの朝食~夕食・おもてなしまで、大活躍の予感です。

2018年10月23日 更新

和風ポトフとポトフの違いって?

フランスで伝統的な家庭料理「ポトフ」。玉ねぎ・セロリ・人参・カブなどのたっぷりお野菜や、お肉やソーセージを、スパイスと一緒にじっくりと時間をかけて煮込んで作ります。煮汁には具材から溶け出した旨みがたっぷり。手間ひまと愛情をいっぱいかけたような味わいですが、意外と簡単に作ることができるのも嬉しいポイントです。

今回の記事でご紹介する「和風ポトフ」は、そんな「ポトフ」に和のテイストを取り入れたレシピたち。煮汁に昆布やかつおなどのおだしを使っていたり、大根やレンコンといった和食の煮物食材を使っているのが特徴です♪

ピッタリが見つかりそう!和風ポトフのレシピ10選

1. 早煮昆布入り和風ポトフ

昆布といりこでだしをとった、オーソドックスな和風ポトフです。使っている調味料は、小さじ1のおしょうゆと大さじ1のみりんだけ。上品なだしの味と野菜の旨みがたっぷりとスープに溶け込んでいるので、薄味でもしっかりおいしく食べられる減塩レシピでもあります。

2. 和風ポトフ

ちょっとだけ和風なレシピをお探しなら、コチラがオススメです。ブイヨンベースに黒コショウを効かせた味付けはいつもの洋風ポトフと同じですが、具材にひと工夫。甘味の出る大根や、シャキシャキ感がアクセントにあるレンコンなど、和食の煮物には欠かせない食材を使っています。

3. ごろごろっベジベジポトフ

ゴロゴロの皮つき野菜が目を引きますね!おもてなしにも出したくなるような、カフェ風のおしゃれでユニークなレシピです。調理は圧力鍋におまかせ。味付けは白だしがメインですが、塩麹を混ぜ込んだ鶏肉団子からも旨味が溶け出してくるので、コクがありつつも上品です。

4. 卵入りの和風ポトフ

じゃがいも・大根・にんじん・ごぼう・玉ねぎ・白菜・エリンギ・ウインナー・卵……と、とっても具だくさんです。昆布とかつおのだしをベースに、味付けは醤油や白だし。鶏ガラスープの素を入れることで、さらに深みのある味わいに仕上げています。刻んだ三つ葉・小口ネギが香りのアクセントに!

5. 柔らか牛スネ肉の和風ポトフ

ワインにも合わせられる、柔らかな牛すね肉が主役のひと品です。昆布・干しシイタケ・かつおのだしをベースにおしょうゆとみりんのシンプルな味付けですが、にんにくやセロリの香りも効いていて、食欲を誘います。柔らか大根と、とろとろの里芋もたまりません。調理は炊飯器でOKです。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

栄養士/goofy_2s

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう