ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

和風ポトフとポトフの違いって?

Photo by macaroni

フランスの伝統的な家庭料理「ポトフ」。玉ねぎ・セロリ・にんじん・かぶなどの野菜、肉、ソーセージ、スパイスなどを使う煮込み料理です。煮汁には具材から溶け出した旨味がたっぷり。手間と愛情をいっぱいかけたような味わいですが、簡単に作れるのがうれしいポイントです。

この記事でご紹介する「和風ポトフ」は、そんな「ポトフ」に和のテイストを取り入れるレシピ。昆布やかつおなどのだしを使ったり、大根やれんこんといった和風の食材を使ったりするのが特徴です。

ピッタリが見つかりそう!和風ポトフのレシピ10選

1. 昆布のだしが効いてる。シンプルな和風ポトフ

ウインナーソーセージや根菜などの定番具材に、昆布を加える和風ポトフです。味付けはしょうゆとみりんでシンプルに。昆布のだしや肉の旨味が広がり、野菜の甘味をしっかりと感じられますよ。短時間で完成させたいときは、具材を小さく切るのがコツです。

2. シンプルな味付け。鶏手羽元と野菜の和風ポトフ

やさしい味わいのポトフをいただきたいときにおすすめ。根菜をたっぷりと使うレシピです。調味料は塩とだし汁のふたつだけ。シンプルな味付けなので、鶏肉の旨味が野菜によく染み込みます。噛めば噛むほどおいしさを感じられますよ。

3. 炒めてから煮込む。昆布茶の和風ポトフ

和風ポトフの味付けには、昆布茶を活用できます。昆布茶のほどよい塩気とだしが加わり、旨味を感じられますよ。ベーコンは、炒めてから煮込むのがポイント。ベーコンの脂が引き出され、おいしさがアップします。

4. 大きめにカットして。キャベツの和風ポトフ

ポトフはさまざまな野菜や肉を加えることが多いですが、あえてふたつの具材で作るのもいいですね。キャベツとしらすだけでできる和風ポトフです。キャベツは大きめにカットして、見た目のインパクトを楽しみましょう。キャベツの甘味としらすの旨味が広がる、滋味深いひと品です。

5. ほっこりやさしい。白だしの和風ポトフ

さつまいもや鶏肉を加える和風ポトフ。さつまいもは下ゆで不要で、味付けも白だしを使うため、とても簡単に作れますよ。さつまいもの甘味がやさしく、ほっこりとおいしいひと品です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ