ジューシーな「塩麹からあげ」の作り方!焦げないコツは低温じっくり♪

みんなが大好きな「からあげ」は、夕食のおかず・お弁当・パーティー料理と人気のメニュー。今回は、万能調味料「塩麹」で旨味たっぷりに仕上げる「塩麹からあげ」の作り方をご紹介します。焦げないコツと人気レシピ5選も、ぜひご参考に♪

2018年10月4日 更新

上手に作るコツ

・塩麹をしっかり揉み込むましょう。お肉が柔らかく旨味も増します。袋に入れて揉んだり、数時間前~前日に漬け込み冷蔵庫で寝かしておいても◎

・揚げる時、一度に大量の肉を油に入れると温度が下がってしまいます。鍋の大きさに合わせて、数個ずつ揚げましょう。

・衣をしっかりとお肉にからめコーティングして、揚げ油に落としましょう。

・低めの160℃~170℃で揚げて中まで火を通しましょう。

すぐに焦げる…原因と解決策は?

万能調味料として注目を集めたてから、スーパーでもよく見かけるようになった「塩麹」ですが「一度使ってってみたけど、焦げてしまって……」と敬遠されている方も多いのでは?

そうなんです、塩麹は焦げやすく、それには理由があります。塩麹は、米麹に塩と水を加えて発酵させたもの。塩だけでなく、お米のデンプンが変化したほのかな甘みの「糖分」が含まれているため、焦げやすいのです。

「焦げ」を防ぐためには、低温で焼く・揚げるのがポイントです。からあげの場合、

・160~170℃の低温でじっくり揚げる

・一旦取出し予熱で火を通し、再度こんがりとした色になるまで揚げる(2度揚げ)

などが、焦げ防止策です。

鶏むね肉もしっとり♪アレンジ人気レシピ5選

1. 鶏むね肉の塩麹からあげ

パサつきがちな鶏むね肉も、塩麹に漬け込んでから揚げるとしっとり柔らかな唐揚げに。片栗粉をしっかりとまぶして、外はカリッと中はジューシーに仕上げています。

塩麹と生姜汁のみのシンプルな味付けですが、旨味が存分に味わえる一品です。ヘルシーなむね肉がおいしく味わえるひと品です。

2. レモン塩麹の鶏ももからあげ

レモン汁・塩麹・蜂蜜に漬け込んだ、洋風の鶏ももからあげです。蜂蜜のコクにレモンの爽やかさがプラスされ、なんともおいしそう!フライドポテトと一緒にいかがですか?

塩麹がお肉をジューシーにするだけでなく、調味料のさまざまな味をまろやかにまとめてくれそうですね。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう