うどん入りでおなかいっぱい!「小田巻き蒸し」の作り方&簡単レシピ

おいしい茶碗蒸しにうどんが入った「小田巻き蒸し」をご紹介します。関東ではあまり馴染みがありませんが、大阪では古くから食べられる郷土料理。ボリュームたっぷりの小田巻き蒸しを、王道の作り方とレンジを使った簡単レシピで楽しんで見てくださいね。

2019年8月14日 更新

「小田巻き蒸し」とは

小田巻蒸しの写真

Photo by suncatch

小田巻蒸しとは、うどん入りの茶碗蒸しです。具材にはアナゴの蒲焼きや鶏肉、かまぼこ、ぎんなん、ゆり根などが使われ、ボリュームたっぷりで豪華。すまし汁でのばした卵を使った、上品な味わいの蒸し料理です。

発祥は大阪

小田巻き蒸しが生まれたのは、大阪、船場などの問屋街。商人の町である船場では、ハレの日にいただく料理でした。当時、卵は庶民が口にすることはめったにできない贅沢品だったため、卵を使った小田巻き蒸しは高級料理だったのです。

名前の由来

諸説ありますが、有力なのは、紡いだ麻糸を丸く玉にした「苧環(おだまき)」から来ているというもの。「小田巻き」は当て字ですが、小田巻き蒸しの中に入っているうどんを苧環に見立て、その名がついたといわれています。

小田巻き蒸し(うどん入り茶碗蒸し)のレシピ

小田巻蒸しの完成図

Photo by suncatch

蒸し器を使って蒸す、基本の「小田巻蒸し」の作り方をご紹介します。具材は、うどんのほか、えび・かまぼこ・にんじん・しいたけ・ほうれん草を使用していますが、鶏肉やぎんなん・みつばなどもおすすめですよ。

白だしを使うと、きれいな卵色の茶わん蒸しに仕上がります。自家製のだし汁を使う場合は、色の淡いうすくち醤油と塩で調味しましょう。

材料(2人分 直径11cmの丼鉢2杯)

小田巻蒸しの材料

Photo by suncatch

・卵……2個
・うどん……1玉
・水……300cc
・白だし(2倍濃縮)……90cc
・しいたけ……2枚
・にんじん……2枚(薄切りを型抜きしておく)
・ほうれん草……1/4束分(ゆでて絞っておく)
・むきえび……2個
・かまぼこ……4切れ

※うどんを入れるので、普通の茶碗蒸しより味付けが濃くなっています。薄味にしたい方やうどんを少なめにする場合は、白だしの量を減らしてください。

作り方

1. 卵を菜箸でよく溶きほぐし、水と白だしを加えて混ぜ茶こしでこします。
卵液を作る写真

Photo by suncatch

2. うどんにお湯をかけて溶きほぐします。
ほぐしたうどん

Photo by suncatch

3. 器にうどんを分け入れます。しいたけは石づきを落とし、ほうれん草は4cm幅に切り、ほかの具材と一緒にのせます。
容器に具材を入れた写真

Photo by suncatch

4. 1の卵液を器にそっと流し入れます。
卵液を流し入れる写真

Photo by suncatch

5. 器にアルミホイルをふんわりかぶせ、湯気が上がった蒸し器に入れふたをします。弱火で15~20分蒸します。
アルミホイルをかぶせた器

Photo by suncatch

6. 竹串を刺して透明なだし汁がついていれば完成です。
小田巻蒸しの完成写真

Photo by suncatch

1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう